ドラマ&映画 カテゴリ

NHKは7日、女優の福原遥(23)がヒロインを務める2022年度後期の連続テレビ小説(第107作)『舞いあがれ!』に、俳優の高橋克典(57)、女優の永作博美(51)、人気グループ・関ジャニ∞横山裕(40)、女優の高畑淳子(67)が出演すると発表した。高橋、永作、横山は朝ドラ初出演となる。 本作は、1990年代から現在までを描く。福原演じるヒロイン・岩倉舞(いわくら・まい)が、ものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人との絆を育みながら、飛ぶ夢に向かっていく挫折と再生のドラマ。脚本はNHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』で初めて連続ドラマの脚本を担当し、第46回放送文化基金賞番組部門テレビドラマ番組最優秀賞受賞した、桑原亮子氏。 高橋は主人公である舞の父で、東大阪の町工場を経営する二代目社長の岩倉浩太(いわくら・こうた)を演じる。元は重工メーカーに勤めて飛行機を製作する夢を抱いていたが、父親が病死したため退職し、ネジを作る工場を継いだ。娘の舞とは、互いに飛行機好きで、同志のような間柄になっていく。

この記事の画像

  • 107作目の連続テレビ小説『舞いあがれ!』に出演する(左から)高橋克典、永作博美、横山裕、高畑淳子
  • 107作目の連続テレビ小説『舞いあがれ!』に出演する福原遥(C)NHK
  • 107作目の連続テレビ小説『舞いあがれ!』に出演する高橋克典
  • 107作目の連続テレビ小説『舞いあがれ!』に出演する永作博美
  • 107作目の連続テレビ小説『舞いあがれ!』に出演する横山裕
  • 107作目の連続テレビ小説『舞いあがれ!』に出演する高畑淳子
  • 107作目の連続テレビ小説『舞いあがれ!』タイトルロゴ (C)NHK

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索