ドラマ&映画 カテゴリ

俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第3回「挙兵は慎重に」が、あす23日放送される。 前回は、罪人・源頼朝を処断しようと兵を率いて迫る伊東祐親(浅野和之)と北条義時の父・時政(坂東彌十郎)が頼朝(大泉洋)をかばって対立。両勢力が一触即発の状態となる中、平清盛を後ろ盾に相模の武士団を束ねる大庭景親(國村隼)が現れる。一方、目まぐるしく展開に振り回される義時は、姉・政子らの助けを受けて頼朝と富士の山すそにいた。だがそれもつかの間、弓矢が放たれ緊張が走った。 1180年4月と時を経た今回。源頼朝と引き離された八重(新垣結衣)は伊東祐親の家人・江間次郎(芹澤興人)のもとへ嫁がされていた。対岸の江間館を見つめる義時。そんな折、頼朝の叔父・行家(杉本哲太)が北条館を訪ねてくる。しぶしぶ対面する頼朝だが、行家は平清盛(松平健)へ反旗を翻した後白河法皇(西田敏行)の御子・以仁王(木村昴)の令旨を携えていた…。

この記事の画像

  • 以仁王を演じている木村昴(C)NHK
  • 『鎌倉殿の13人』第3回「挙兵は慎重に」より(C)NHK
  • 『鎌倉殿の13人』第3回「挙兵は慎重に」より(C)NHK
  • 『鎌倉殿の13人』第3回「挙兵は慎重に」より(C)NHK
  • 『鎌倉殿の13人』第3回「挙兵は慎重に」より(C)NHK
  • 『鎌倉殿の13人』第3回「挙兵は慎重に」より(C)NHK
  • 『鎌倉殿の13人』第3回「挙兵は慎重に」より(C)NHK

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索