11月28日に東京・渋谷の路上で救急車を蹴ったとして、器物損壊の疑いで警視庁渋谷署に現行犯逮捕された歌手の鬼束ちひろ(41)が同30日の送検後、警視庁・湾岸署から釈放された。任意捜査に切り替えて調べが進められる。器物損壊罪の処分ケースや、予想される今後の展開について、レイ法律事務所の西山晴基弁護士に聞いた。 鬼束は28日夕、恵比寿駅近くの路上で救急車を蹴り、車体の後部をへこませたとして現行犯逮捕された。報道によると、鬼束が通行人とトラブルになり、救急車を蹴ったという。12月2日には鬼束が公式サイトを通じて謝罪のコメントを発表した。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索