• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • CM
  • 『au』2021年上半期CM好感度1位 TOP5に通信系のブランド並ぶ

CMに関する調査を行うCM総合研究所は19日、2021年上半期(2021年1月度〜 6月度)にCMを放送した全4859銘柄のうち、KDDI『au』が、CM好感度の総合1位となったことを発表した。『au』は、俳優の松田翔太桐谷健太濱田岳が出演する「三太郎」シリーズが引き続き多くの支持を獲得。2月以降はオンライン専用の料金プラン『povo』のCMを中心にオンエアした。 2位から5位まで通信サービスのブランドが並び、2位の『SoftBank』は、松本人志(ダウンタウン)を起用した「勝手にHERO’S」シリーズがヒット。ガールズグループ・NiziUとコラボした『5G LAB』、ブルース・ウィリスらが出演する「5Gってドラえもん?」シリーズなど5G関連の訴求も好評で、CM好感要因の「時代の先端を感じた」では首位に輝いた。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索