アニメ&ゲーム カテゴリ

『時をかける少女』(2006年)、『サマーウォーズ』(09年)、『おおかみこどもの雨と雪』(12年)、『バケモノの子』(15年)、『未来のミライ』(18年)を発表してきたアニメーション作家・細田守の監督最新作『竜とそばかすの姫』(7月16日公開)。本作でYouTuberの「ひとかわむい太郎」&「ぐっとこらえ丸」の二役を演じた声優の宮野真守が、原作小説の一部を朗読する特別映像が解禁された。 原作小説は、細田監督自らが執筆し、今月15日より角川文庫から発売中。特別映像は、YouTubeチャンネル【 KADOKAWAanime】にアップされた。今回、宮野が朗読したのは、物語の広がりを予感させる小説の冒頭部分。細田監督ならではのリアル×ファンタジー世界の扉を開く、宮野の魅力的な美声。朗読でしか感じることのできない『竜とそばかすの姫』の世界、その情景に浸ることができる。

この記事の画像

  • 細田守監督『竜とそばかすの姫』(7月16日公開)ひとかわむい太郎・ぐっとこらえ丸の二役を演じた宮野真守が原作小説を美声で朗読。特別映像解禁(C)2021 スタジオ地図
  • 小説「竜とそばかすの姫」書影(C)2021 スタジオ地図
  • (左)ひとかわむい太郎・(右)ぐっとこらえ丸の場面カット=細田守監督『竜とそばかすの姫』(7月16日公開) (C)2021 スタジオ地図

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索