ドラマ&映画 カテゴリ

ムロツヨシ、晴れの日に左目腫れる サングラス姿で登場&ウインクでかわいくごまかす

 俳優のムロツヨシ(45)、女優の中田乃愛(17)、金井純一監督が父の日の6月20日、都内で映画『マイ・ダディ』(9月23日公開)の完成報告イベントに参加した。

【写真】その他の写真を見る


 45歳のムロが役者を始めて25年にして、映画で初主演を務める。サングラスで登場したムロは「初主演で調子に乗ってサングラスなワケではございません。左目が少し腫れていまして、それをひた隠しにするサングラスでございます。それも、よかったら記事にしていただけたら」と恐縮しながらあいさつした。

 最後は「公開まで残り95日。どんなことがあっても作品は死なない。まずは観ていただくことが1番。この日、報告できたことをうれしく思う。どうか、この映画を覚えていただけたら」とメッセージ。「公開の日に、また皆さまの目の前に立って、感想を聞きに行きたい。恥ずかしいですが言います。泣いてしまう映画です。替えのマスクと替えのハンカチが必要です。忘れずに映画館においでください!」と呼びかけた。

 そして、「最後にサングラスを取りたいと思います。この時代だから、スマホでもできるとおもうので、うまく(加工を)…」としながら「サングラスをかけて、すみませんでした」と律儀に謝罪していた。

 フォトセッションでは、ウインクするなどで腫れをカバーし、笑いが。初主演作の晴れの日だったが、左目が腫れるムロらしさあふれる完成報告イベントとなった。

 本作は、これまで『嘘を愛する女』、『哀愁しんでれら』などの作品を排出した映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM(TCP)」 の2016年準グランプリ受賞作品。ムロは、愛する娘を救おうと奔走する、お人好しで誠実な父親、御堂一男(みどう・かずお)を演じる。“主演オファー”の経緯を問われると「表立ってのオファーではなく、僕の映画デビュー作のプロデューサーさんが『この本を読んでほしい』と。それが、『さぬき映画祭』という映画祭の行く飛行機の中で読んだ。2時間弱の間で読みまして、まず何よりも飛行機の中で1人で号泣しまして…。機内がザワつきました(笑)。1つの脚本を読んで、ここまで泣いたのは初めて。『僕が演じていいという候補に入っているのであれば、ぜひやらせていただきたい』と飛行機を降りてすぐに連絡しました」と懐かしんでいた。

関連写真

  • 左目が腫れたためサングラスをかけて登場したムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • 初主演映画をアピールするムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マイ・ダディ』完成報告イベントに参加した(左から)中田乃愛、ムロツヨシ、金井純一監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マイ・ダディ』完成報告イベントに参加した(左から)中田乃愛、ムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マイ・ダディ』完成報告イベントに参加した(左から)中田乃愛、ムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マイ・ダディ』完成報告イベントに参加したムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マイ・ダディ』完成報告イベントに参加したムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マイ・ダディ』完成報告イベントに参加したムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マイ・ダディ』完成報告イベントに参加した中田乃愛 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マイ・ダディ』完成報告イベントに参加した中田乃愛 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索