ドラマ&映画 カテゴリ

「だれでも映画が撮れる時代」短編映画製作プロジェクト、36人の監督が出揃う

 役者を目指すすべての人に学びとチャンスを提供するため、伊藤主税(and pictures)、阿部進之介山田孝之、関根佑介(Fogg)、松田一輝(KOUEN)らが、2017年に発足した情報プラットフォーム「MIRRORLIAR」(ミラーライアー)。ここから生まれた短編映画制作プロジェクト『MIRRORLIAR FILMS』が今夏公開予定となっているが、このほど、一般クリエイター枠で選出された12人の監督が発表され、総勢36人の監督が出揃った。

 「だれでも映画を撮れる時代」をテーマに、自由で新しい映画製作の実現を目指して、年齢や性別、職業やジャンルに関係なく、若手とベテラン、メジャーとインディーズが融合して切磋琢磨しながら映画を作り上げる本プロジェクト。

 一般クリエイター枠として、2020年から21年2月末にかけて一般公募を実施し、上映作品を募集。応募作品の中には、家族で撮影された作品、スマホのみで仲間と撮影された作品、オンラインのみでzoomを利用した作品など、ジャンルもさまざまな419作品の応募があった。

 厳選なる審査の末、以下の12人の監督――Azumi Hasegawa・GAZEBO・KenShinozaki・駒谷揚・柴田有麿・西遼太郎・林隆行・針生悠伺・藤原知之・真壁勇樹・村岡哲至・村上リ子――を選定。

 伊藤プロデューサーは「想像を超える応募数でしたが、この1年の間に企画を立て、仲間を集め、映画制作にチャレンジしてくれた方々が全国に419チームもいる、この様な想像をするととても感慨深い気持ちになります」とコメント。

 阿部は「藤井道人君と映画を作りたいと思って生まれた『デイアンドナイト』。もしあの映画を作っていなかったら。私は幸運にも、そう振り返りたくなるような素晴らしい出逢いや経験を、映画作りを通して得ることができました。きっと応募された作品一つ一つにも、そんな作り手の想いと思い出が詰まっている事と思います。そして、ミラーライアーフィルムズが、そんな作品作りの切っ掛けや、作品発掘の一助になった事をとても誇りに思います。全ての始まりは『撮ろうよ』の一言。そこから始まるんですよね。映画は。 36の想いの行く末を、是非とも劇場で見届けてやって下さい」と、プロジェクトの成功を願った。

 一般クリエイター枠から、Ken Shinozaki、西遼太郎、針生悠伺、村上リ子の4人は、6月11日から開幕する国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (SSFF & ASIA) 2021』のイベントに参加し、作品を世界初公開するとともに、プロデューサーの伊藤、阿部、山田、SSFF & ASIA代表の別所哲也と共にトークイベントに登壇する。

■『MIRRORLIAR FILMS』監督(五十音順)
Azumi Hasegawa/阿部進之介/安藤政信/井樫彩/池田エライザ枝優花/GAZEBO/紀里谷和明/KenShinozaki/駒谷揚/齊藤工志尊淳柴咲コウ/柴田有麿/武正晴/西遼太郎/野崎浩貴(崎=たつさき)/花田陵/林隆行/針生悠伺/福永壮志/藤井道人/藤原知之/真壁勇樹/松居大悟三島有紀子水川あさみ三吉彩花/村岡哲至/村上リ子/ムロツヨシ山下敦弘/山田孝之/山田佳奈/李闘士男渡辺大知

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索