ドラマ&映画 カテゴリ

有村架純、菅田将暉との再共演に安心感「人を否定しないところも素敵」

新土曜ドラマ『コントが始まる』に出演する有村架純 (C)日本テレビ

新土曜ドラマ『コントが始まる』に出演する有村架純 (C)日本テレビ

写真ページを見る

女優の有村架純(28)が、4月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『コントが始まる』(毎週土曜 後10:00)に出演。主演の菅田将暉や有村のほか、神木隆之介、仲野太賀ら“93年組”の俳優と、古川琴音が参加し“若者と呼ぶにはギリギリすぎる5人の青春群像劇”を描く今作。このほど中浜里穂子役の有村からインタビューコメントが到着し、共演する同世代俳優への印象や、実年齢と同じ“28歳”の登場人物たちによる等身大の物語への思いを語った。

 同ドラマは、2019年放送『俺の話は長い』(日テレ)で、第38回向田邦子賞を受賞した金子茂樹氏が脚本を担当。プロデューサーは菅田が主演した連続ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』と同じ福井雄太氏が務める。菅田、神木、仲野の3人による売れないお笑い芸人のトリオ「マクベス」、彼らがいつもネタ作りに集うファミレスのウェイトレスを有村、その妹を古川がそれぞれ演じ、全く思い通りにいかないことばかりの人生の中で、「大失敗」をしたからこそ出会う人や出来事が、思いもしなかった「幸せ」や「未来」と巡り合うストーリーだ。
                       
 2015年放送の単発ドラマ『永遠のぼくら』以来の同局出演となる有村は「実は、福井プロデューサーは10代の時にお世話になっていて、その頃次に私と一緒に仕事をするのは『有村さんが30歳になってからだ』とおっしゃっていたのをすごく覚えています。今28歳なので、少しフライングする形ではありますが、その時に話していたことがようやくここで実現したことがすごく個人的には感慨深いです。なので、久々の日テレドラマを福井さんとやれるっていうことが、とても個人的には意味があると思っています」と縁とタイミングの合致を噛みしめる。

 今作では、現在大ヒット公開中の『花束みたいな恋をした』でもW主演を務めた菅田と再共演。「あらゆる状況を瞬時に受け入れて対応できる方だと思いますし、芝居にしてもそうじゃない部分にしても受け入れ態勢がしっかりされているのでこちらとしてもすごく安心感がありますし、人を否定しないところもとても素敵な役者さんだと思います」と尊敬の眼差しを送る。

 またこちらも共演回数の多い神木には「好奇心旺盛で、自分の好きなものに対しての探求心がすごいですし、だからこそ、芝居になったときに自分の役柄について細かいニュアンスをすごくプラスで足してくる方なので、そういったところがとても面白い役者さんだなぁと思います」と刺激を受けているそう。初共演となる仲野には「太賀君は初めてご一緒します。とても聡明で優しい方な印象があったので、これから知っていくのが楽しみです」と期待を寄せた。

 そして妹役の古川とも別作品で共演済み。「声がとても素敵で聞いていて心地いいです。お芝居をする上で声ってものすごく大切だと思うんですね。きっとポテンシャルが高い方なんだろうと思うので、その奥行きをもっと知っていければなと思っています」と話した。

 物語のキーとなるのが“28歳”という年齢。有村は「きっと、社会経験もそれなりにあって、大きな挫折や失敗を一度は経験していてもおかしくない年齢なのかなと思います。理想だけではなく現実とも向き合い始める年代になっていて、そうなった時に物事に対して臆病になったり、心が凝り固まっちゃうような年齢に差し掛かっていると思います。きっと、色んなものや人と出会う事で少しずつ何かが解(ほつ)れたりしながら人生の小さな光を見つけ始める年齢なのかなと思います」と見つめ直す。

 クランクインまで1ヶ月となり「まだ台本も製本になっていないバージョンで読んだので、これからブラッシュアップされるでしょうし、役柄についても正直まだまっさらな状態ではあるので、そこをもっとしっかりクランクインまでに準備をしたいなと思いながら、同世代でお芝居ができるのが楽しみでもありますし、心がきゅっとなってしまったところを微かな振動で揺らしながら緩めていく…。そういった手助けができる作品になれるように、自分たちがまず楽しんでいけるように頑張りたいなと思います」と姿勢を正している。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索