ドラマ&映画 カテゴリ

倉科カナ、TBSドラマ9年ぶり出演 玉森裕太演じる潤之介の幼なじみ「良いスパイスになれば」

 女優の上白石萌音が主演し、来年1月スタートのTBS系連続ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(毎週火曜 後10:00)に女優・倉科カナの出演が決定。倉科の同局ドラマへの出演は9年ぶりとなる。

【写真】その他の写真を見る


 『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』は、今年1月放送の『恋はつづくよどこまでも』に主演し、話題を呼んだ上白石が新たな“火10ドラマ”に挑戦。『恋つづ』スタッフが再集結し、ファッション誌の編集部を舞台に繰り広げられるお仕事ラブコメディを描く。メインキャストには菜々緒Kis-My-Ft2玉森裕太間宮祥太朗らが決まっている。

 『恋つづ』では「勇者」のように恋に仕事に懸命に立ち向かう新米ナースを演じた上白石だが、今作で演じる主人公・鈴木奈未(すずき・なみ)は、その名の通り「仕事も恋愛もほどほどに。人並みで普通の幸せを手にしたい」というイマドキの安定志向の持ち主。地方の田舎町で生まれ育った平凡女子・奈未が、東京の大手出版社のファッション誌編集部で働くことになったことを機に、恋や仕事に悪戦苦闘しながら成長していく様をオリジナル脚本で描いていく。

 倉科は、玉森演じる潤之介の幼なじみで奈未の恋のライバル(?)となる蓮見理緒役。理緒は潤之介と幼なじみで、2人は一緒に過ごす時間が多かった。しかし理緒は大学卒業後にプロのヴァイオリニストになり、世界を目指しヨーロッパへと旅立つ。数年後、帰国した理緒が潤之介の前に突然現れ…。理緒は奈未と潤之介の関係に大きく関わっていく。

 倉科は、出演が決まり「今回は密かに憧れていたTBSさんの火曜ドラマ『胸キュン!お仕事&ラブコメディ』に参加出来るということで私自身はとってもうれしくて、舞い上がっております。ただ上白石萌音ちゃん演じる奈未ちゃんの恋敵に!?ということなので、もしかしたら奪いあったりしちゃうのかな…?(笑)ドロドロするかしないかは分かりませんが、わたし演じる理緒ちゃんが作品の中で良いスパイスになれば良いなと思います」とコメント。

 ドラマについては「女性が活躍出来る社会になりつつある中で、作品を通して少しでも明日を鼓舞することが出来たらと思います。『私にとって一番大切なものは何?』と問われれば、私は『芝居』と答えます。夢を叶えるため、手放したもの失ったものも少なからずあり、痛みを知ってるから強くなれるし、優しくもなれるのかなと最近は感じています。夢、仕事、恋愛これまで自分の経験した、自分の中にある感情を全て駆使して役柄に命を吹き込みたいと 考えております」とメッセージしている。

 プロデューサー・松本明子氏、編成・宮ア真佐子氏は「倉科カナさんに演じていただくのは天真爛漫、才色兼備で男女問わず愛される女性です」と紹介。「そんな女性が“普通が一番”な奈未の前に現れ、潤之介と三人の関係を大きく揺るがしていきます。倉科さんをいつも画面で拝見していて、天真爛漫で誰をも惹きつけるお人柄と芯の強い女性像を感じ、この役は倉科さんしかいないと思いお願いしました。主人公・奈未の仕事観を変えるキーマンでもあります。ぜひ、倉科さん演じる理緒に出会い、変わっていく奈未の姿も楽しみにしていただきたいです!」と呼びかけている。

関連写真

  • 1月スタート火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』への出演が決定した倉科カナ (C)TBS
  • 1月スタート火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』への出演が決定した倉科カナ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索