ドラマ&映画 カテゴリ

どきどきキャンプ・岸学、モノマネではなく俳優として『24 JAPAN』出演

 テレビ朝日系で放送中の連続ドラマ『24 JAPAN』(毎週金曜 後11:15〜深0:15※一部地域を除く)のプロモーションで大活躍したお笑いコンビ・どきどきキャンプ岸学が、4日放送の第9話に、ジャック・バウアーのモノマネ…ではなく、俳優として本編に出演することが明らかになった。

 アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた世界的大ヒットシリーズ『24』(邦題:『24-TWENTY FOUR-』)のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を描く、シリーズ史上初の日本版リメイク『24 JAPAN』。日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬(しどう・げんば)役で唐沢寿明が主演を務めている。

 ご本家ジャック・バウアーのモノマネで一世を風靡した岸は、『24 JAPAN』を放送スタート前からジャックになりきって制作発表記者会見に“乱入”したり、テレビ朝日YouTube公式チャンネルで配信された数々の特別動画を盛り上げたり、さまざまなプロモーションで大活躍。そして、満を持して地上波ドラマ本編への初出演を飾ることになった。集中して見ていないと岸学の一瞬の熱演を見逃すかも!?

 岸は現在、テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」、テレビ朝日の動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で公開されている配信オリジナルストーリーにもたびたび出演。日本初の女性総理候補・朝倉麗(あさくら・うらら/仲間由紀恵)の暗殺計画に関与し、現馬の娘・美有(桜田ひより)と妻・六花(木村多江)の誘拐も指示した謎の男・神林(高橋和也)の手下・岸本役で、迫真の演技を見せている。

 そんな岸が、とうとう地上波本編に出演する第9話では、麗の暗殺計画をなんとか阻止し、麗の命を救った現馬が“暗殺実行犯”と間違われ、捕らえられてしまうことに。決死の逃亡を図る現馬、次なる手を考えようと躍起になる神林、そして…それぞれ徹底的に追い詰められていく美有&六花と、CTUの内通者・明智菫(朝倉あき)。物語が早くも大きな転換期を迎える中、岸はどんな動きを見せるのか!?

■#9「08:00A.M.−09:00A.M.」(12月4日放送)
 謎の男・神林民三(高橋和也)の指示によって、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画が実行に移された。CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、娘・美有(桜田ひより)と妻・六花(木村多江)を人質に取る神林に逆らえず、暗殺計画に加担させられそうになるも、間一髪のところでわざと騒ぎを起こし、麗の命を救う。しかし、暗殺実行犯と間違われた現馬は、捕らえられてしまう。連行される現馬だったが、自らの手で神林を捕まえて家族を救出すべく逃走。町の一角に身を潜めながら、部下のA班チーフ・水石伊月(栗山千明)に連絡を入れる。

 ちょうどCTU第1支部では、伊月と暗号解析係長・南条巧(池内博之)が、内通者として暗殺計画に関与していた暗号解析係・明智菫(朝倉あき)を訊問。ついに口を割らせ、菫を操る人物が神林だと突き止めていた。報告を受けた現馬は、神林の逮捕に協力するよう、電話で菫を説得。だが、菫は首を縦に振ろうとしない。すると、現馬は秘密裏に、伊月に向かって“冷酷な指示”を出し…!?

 一方、麗は実際に命を狙われてもなお、毅然とした態度を貫いていた。そんな中、ニュースキャスター・山城まどか(櫻井淳子)は、麗の息子・夕太(今井悠貴)が過去に殺人を犯していたという事実を、1時間後に報道することを決意。麗の夫・遥平(筒井道隆)はこれを阻止しようと、裏で動き始める。

 その頃、美有と共に神林のアジトに監禁されていた六花は“あまりにも大きな代償”を払い、密かに携帯電話を入手。隙を見計らって伊月に連絡するが、その瞬間、神林の手下が現れ…。やがて、またもや状況は急変。現馬がまるで想定していなかった“驚愕の事態”が発生する――。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索