ドラマ&映画 カテゴリ

【エール】最終週・第117回&第118回 華の結婚式と初回の“東京五輪”を回収

NHKの連続テレビ小説『エール』(月〜土 前8:00 総合ほか※土曜は1週間の振り返り)は、23日から最終週(第24週「エール」)に突入。多くの名曲を生み出した作曲家・古山裕一(窪田正孝)と妻・音(二階堂ふみ)の夫婦二人三脚の物語を描いてきた。脚本・演出に携わった吉田照幸氏が最終週を振り返る。

第117回(11月24日放送)は、裕一と音は、一人娘・華(古川琴音)とアキラ(宮沢氷魚)の結婚を許す。裕一が書いた曲を音が歌った教会で、2人の結婚式は行われた。ア...

この記事の画像

  • 連続テレビ小説『エール』最終週・第118回(11月25日放送)より。古山家に音楽仲間が勢ぞろい。飲んで歌って楽しいひと時を過ごした(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』最終週・第118回(11月25日放送)より。古山家のカラーテレビで開会式を見守る仲間たち(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』最終週・第118回(11月25日放送)より。東京オリンピック開会式をテレビで見る畠山一家(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』最終週・第117回(11月24日放送)より。華とアキラの結婚式でスピーチする裕一(窪田正孝)(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』最終週・第117回(11月24日放送)より。裕一(窪田正孝)のスピーチに涙する華(古川琴音)を優しく見つめる音(二階堂ふみ)(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』最終週・第117回(11月24日放送)より。父の元へ旅立った母・光子を見送る関内家の三姉妹(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』最終週・第117回(11月24日放送)より。東京オリンピック式典運営協議会音楽部会の酒井(今野浩喜)は開会式の入場行進曲の作曲者に古山裕一を激押しする(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索