AKB48・大家志津香、新型コロナから回復 27日から活動再開

 新型コロナウイルスに感染し療養中だったAKB48大家志津香(28)が回復したと26日、グループ公式ブログが発表した。27日から活動を再開する。

 公式ブログでは「本日8月26日(水)本人より、体調も回復し、医療機関に確認の上、AKB48の活動再開において心身ともに万全の状態であるという申し出を受けましたので、明日8月27日(木)より活動を再開させていただきます」と報告。「この度はファンの皆様をはじめ、関係各所に多大なご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 また「弊社におきましては、引き続き、保健所など関係各所と連携し、今後一層の感染予防の意識強化や指導、社内外の感染拡大防止と、メンバー・スタッフの安全確保に努めてまいります」とし、「今後とも、AKB48および大家志津香の応援をよろしくお願いいたします」と呼び掛けている。

 大家については「8月11日(火)昼に37.7度の発熱症状が見られたものの、当日夕方には熱が下がり、咳やのどの痛み、味覚、嗅覚の異常症状等はございませんでした。しかし、翌8月12日(水)、次第に倦怠感が増した為、夕方に東京都内の医療機関を受診し、医師の判断によりPCR検査を受けた結果、8月13日(木)昼に新型コロナウイルスに感染しているとの診断を受けました」と報告。発熱・咳などの症状は見られないが、頭痛・胸痛・味覚嗅覚の異常があるため「保健所の指示のもと自宅療養中です。今後につきましては、保健所の指導に基づいて療養を行う予定です」と説明していた。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索