乃木坂46新曲で現役×OG初タッグ 白石・西野・生駒に市來&斎藤アナもコロナ感染拡大防止呼びかけ

 アイドルグループ・乃木坂46が、西野七瀬生駒里奈ら卒業生が初めて参加した新曲「世界中の隣人よ」を制作し、それぞれが自撮りした映像などで構成されたミュージックビデオ(MV)をYouTubeの公式チャンネルで25日、公開した。現役メンバーと卒業生がタッグを組んだ“ALL乃木坂46”で、新型コロナウイルス感染拡大防止を呼びかける。

 新曲「世界中の隣人よ」(作詞:秋元康 作曲編曲:taka)には、新型コロナウイルスの影響で卒業コンサートを延期した白石麻衣をはじめ、生田絵梨花齋藤飛鳥ら現役メンバー全員に加え、卒業生11人が参加。センター経験者の生駒、西野、初代キャプテンの桜井玲香、卒業後はアナウンサーとして活躍する市來玲奈(日本テレビ)、斎藤ちはる(テレビ朝日)をはじめ、伊藤かりん衛藤美彩斉藤優里相楽伊織能條愛未若月佑美が名を連ねた。

 歌い出しは白石→西野への黄金リレー、2番のAメロは市來&斎藤アナウンサーコンビ→秋元&桜井キャプテンコンビへと歌いつないでいくところなど聴きどころ満載。美しいピアノの旋律にのせ、「Stay Home」や自粛を続ける人々へのエール、医療従事者への感謝の気持ちを心を合わせて歌う。

 MVはメンバーそれぞれの自宅などでの自撮り映像に加え、2014年から毎年ライブを開催している“聖地”明治神宮野球場の現在の様子も映し出され、「安全にライブを楽しめる日が早く来てほしい」との願いも込められている。

 キャプテンの秋元真夏は「今回、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、私たち乃木坂46にも何かできることはないかと考え、『世界中の隣人よ』という楽曲を発表させていただくことになりました。初めて現役メンバーと卒業生が一緒に制作した1曲となり、Music Videoも自宅など、それぞれの場所でリモートにて撮影を行いました。聴いてくれたみなさんに、少しでも希望を持ってもらえる楽曲になってくれたら嬉しいです」とのメッセージを寄せた。

■乃木坂46「世界中の隣人よ」参加者
乃木坂46全メンバー
卒業生:生駒里奈、市來玲奈、伊藤かりん、衛藤美彩、斎藤ちはる、斉藤優里、相楽伊織、桜井玲香、西野七瀬、能條愛未、若月佑美

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 乃木坂46新曲「世界中の隣人よ」MVに西野七瀬、生駒里奈ら卒業生11人が初参加
  • 2期生・3期生も心を合わせて歌唱=乃木坂46新曲「世界中の隣人よ」MV
  • 4期生も全員参加=乃木坂46新曲「世界中の隣人よ」MV

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索