ドラマ&映画 カテゴリ

中村倫也と小池栄子が炎の中でキス 『美食探偵 明智五郎』第6話場面カット公開

 俳優の中村倫也が主演する日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週日曜 後10:30)第6話が、17日に放送される。予告編で流れるやいなやSNSでも話題となった、中村演じる主人公の探偵・明智五郎と小池栄子演じる殺人鬼“マグダラのマリア”による炎の中でのキスシーン場面カットが到着した。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは『海月姫』や『東京タラレバ娘』で知られる東村アキコ氏による初サスペンス漫画を実写化。変わり者の私立探偵・明智五郎が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼“マグダラのマリア”へと変貌した主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

 第6話の舞台は、明智のお見合い会場の料亭。実家の百貨店の将来を案じる母・寿々栄(財前直見)の強引な段取りで、弟(草川拓弥)と一緒にお見合いをすることになった明智。見合い相手の社長令嬢(北原里英)に、明智か弟の六郎のどちらかを選んでもらうことになるが、当日遅刻した六郎に代わり、男装した苺(小芝風花)が代役を務めることに。そんな中、見合い会場となった料亭にはマリアの姿があった。

 大混乱のうちに見合いが終了した直後、突然明智の前で苦しみだした見合い相手の令嬢が急死。明智は、フグ毒の事故に見せかけた殺人事件としてマリアが絡んでいることを確信する。しかしその先には、事件の裏で交錯する意外な思惑があった。苺を守るため、現場となった料亭から先に帰るように告げた明智だが、後を追った苺が、殺人鬼となったマリアに初めて出会ってしまう。

 明智は苺の証言をもとに、華麗な推理で殺人事件の謎を解き明かすが、一瞬のスキを突き、“ある者”に捕らわれてしまう。そこに現れたマリアは、明智にキス。マリアの歪んだ愛が大炎上する。

 このキスシーンが予告で解禁されるとツイッターでは「キスシーンやば」「刺激が強すぎます」「キスシーン待ってましたぁぁぁぁぁぁ!!!!!!ってなってるわたしやばいかな?????」「明智様とマリア様の燃えるキス! 心臓やばい」など反響を呼んでおり、明智とマリアの“禁断のキス”の全貌に注目だ。

関連写真

  • 『美食探偵 明智五郎』第6話でキスシーンを披露する小池栄子、中村倫也 (C)日本テレビ
  • 『美食探偵 明智五郎』第6話に出演する中村倫也 (C)日本テレビ
  • 『美食探偵 明智五郎』第6話に出演する小芝風花、小池栄子(C)日本テレビ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索