• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • のん、東北の震災伝承プロジェクトの顔に「ちょっとの笑顔を届けられたら」

のん、東北の震災伝承プロジェクトの顔に「ちょっとの笑顔を届けられたら」

 女優で創作あーちすと・のんが、NHK仙台放送局の『震災伝承プロジェクト』のイメージキャラクターに起用された。岩手県久慈市が舞台の1つに、物語の中で東日本大震災を描いた連続テレビ小説『あまちゃん』に出演し、「東北は私にとって本当に大切な町で、第二の故郷のように思っている」という、のん。「ちょっとの笑顔を私も届けられたら」と話している。

 プロジェクトは、東日本大震災から10年となる2020年度に、「あの日、そして明日へ」をキャッチフレーズに、関連の番組、イベント、ネットで展開していく。

 その一環として、「#そういえば・・・ あの日、何をしていましたか?」 と題し、特設サイト・SNSに寄せられる「#そういえば…」のエピソードをWEBや番組で展開。2011年3月11日の“あの日”の出来事を思い返すことで、震災の記憶の風化を防ぎ、次の世代に渡していくことを目指す。

 東北ブロックを中心に随時放送される1分のミニ番組には、のんがあの日の出来事を語ったバージョンもある。外部団体との連携も見据えた活動に取り組んでいくとしている。プロジェクトには、東北ゆかりの著名人も参加予定。

■のんのコメント
 あの日、私は東京にいて駅から自宅へ歩いて帰る途中でした。本当に今まで体験したことのないぐらいの揺れで、いったい何が起きてるんだってパニックでした。揺れが収まってから家に帰ってテレビをつけたら、東北が大変なことになってい
て、絶句しました。

 あの日以来、私の中では家族への接し方がすごく変わったかなと思います。自分から積極的に連絡をたくさん取るようにして、家族とのつながりを大事にするようになりました。

 東北は私にとって本当に大切な町で、第二の故郷のように思っています。『この世界の片隅に』という映画で学んだことなんですけど、“ちょっとでも笑顔になれる、笑えると力が湧いてきて明日が見えてくる”。その明日のために、ちょっとの笑顔を私も届けられたらなと思っています。

 なお、のんのイメージフォトを撮影したのは宮城県塩竈市生まれの写真家・平間至氏。東日本大震災の後、2012年に塩竈にて「GAMA ROCK」を立ち上げ、故郷を含めた復興支援の活動に取り組んでいる。

関連写真

  • 震災伝承プロジェクト「#そういえば…あの日、何をしていましたか?」イメージキャラクターに起用されたのん(C)NHK
  • 震災伝承プロジェクト「#そういえば…あの日、何をしていましたか?」(C)NHK
  • 震災伝承プロジェクト「#そういえば…あの日、何をしていましたか?」イメージフォトの撮影をした平間至氏(C)NHK

オリコントピックス

 を検索