ドラマ&映画 カテゴリ

武田真治、中村倫也主演『美食探偵』出演 殺人に手を染める哀しきフレンチシェフ役

 俳優の武田真治が、4月12日スタートの俳優・中村倫也主演の日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵―明智五郎―』(毎週日曜 後10:30)に出演することがわかった。武田は連続殺人鬼・自称マグダラのマリア(小池栄子)に惹かれ、殺人を依頼するフレンチレストランのオーナーシェフ・伊藤を演じる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは『海月姫』『東京タラレバ娘』で知られる人気漫画家・東村アキコ氏の初サスペンスを実写化。私立探偵・明智五郎(中村)が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼へと変貌する主婦“マグダラのマリア”と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

 伊藤はフレンチビストロ、メゾン・ヴェリテのオーナーシェフ。かつて、パリのビストロで修業中に、殺人に目覚める前のマグダラのマリアに出会い、東京で自分の店を持つことを誓った。その大切な店を、食べリポレビュアーに酷評され、マグダラのマリアにレビュアーへの怒りと殺意を見抜かれたことから、実際に殺人に手を染めてしまう。マリアに想いを寄せており、殺人に目覚める前のマグダラのマリアと接点があった重要な役どころとなる。

 役柄について武田は「料理を作り仕上げることと、人を殺めることに温度差がない感じが印象的」とコメント。「人が変わったように殺しに手を染めていくのではなく、きっかけや状況が整ってしまえば、誰でも犯しかねない過ちとして描けたら」と意気込んでいる。なお、伊藤が食べリポレビュアーの殺人に手を染める様子は、第3話で描かれる予定となっている。

関連写真

  • 『美食探偵 明智五郎』に出演する武田真治(C)日本テレビ
  • 『美食探偵 明智五郎』に出演する武田真治(C)日本テレビ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索