• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 『監察医 朝顔2』“月9”史上初2クールで夏・秋放送 上野樹里も気合い「皆さんに伝えるべき役割がある」

『監察医 朝顔2』“月9”史上初2クールで夏・秋放送 上野樹里も気合い「皆さんに伝えるべき役割がある」

 昨年夏クールに放送された女優・上野樹里主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『監察医 朝顔』。その新シーズン『監察医 朝顔2』が、今年夏・秋の2クールで同枠にて放送されることが7日、わかった(毎週月曜 後9:00〜)。2クール連続での放送は月9史上初の試みであり、同局の連ドラとしても開局50周年記念ドラマ『不毛地帯』以来、実に10年ぶりとなる。

 原作は2006年から『週刊漫画サンデー』で連載されていた同名漫画(原作・香川まさひと、漫画:木村直巳、監修:佐藤喜宣)。上野が演じる主人公で法医学者の万木朝顔と、時任三郎演じる父でベテラン刑事の万木平が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が生きている人たちの心まで救っていくさまをハートフルに描く。

 昨年放送の前シリーズでは、視聴率も好調。2019年夏クール放送の連続ドラマでトップを獲得し、月9枠としては『コード・ブルー-ドクター・ヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』以来、2年ぶりに全話2桁を達成した。放送終了後には続編を望む声を含めて1000件近くも視聴者から称賛の声が寄せられたほど。

 上野は「『監察医 朝顔2』のお話を聞いた時、うれしいのと驚きの感情がありました。それから企画の内容をお聞かせいただきまして、いまだ朝顔を通して皆さんに伝えるべき役割がある事を確信しました。今では再び朝顔の共演者、スタッフの皆さんと素晴らしい作品作りができる事を大変ありがたく思います」と新シーズンへ意気込む。

 また、2クールでの放送について「長期の撮影となるので、当たり前の様ですが体調管理をしっかりしながら、皆さんと共に作品作りに没頭できたらなと思います。撮影というのは、本当に沢山(たくさん)の方々のご協力があってできるものなので、感謝をしながら大変な時も支え合って乗り越えていきたいです」とチーム一丸となっての完走を誓った。

 前作ラストで朝顔は、悲しみが完全に癒えずとも前へ一歩踏み出し、母の実家があり、母が被災した東北の海辺の街を再び訪れることができた。『〜2』では、その翌年の春を舞台に幕を開ける。朝顔、父の平、平と同じ刑事で朝顔の夫となった桑原真也(風間俊介)、一人娘のつぐみ(加藤柚凪)――同じように続いていくと思われた万木家4人の日常だが、とあることがきっかけで、平の代わりに母の遺体を探すため朝顔が一人で東北の地を訪れることになり、新たな物語が紡がれていく。

 このたび公開された上野、時任、風間、加藤4人の仲睦まじいショットは、クランクイン時に群馬県某所の一面の銀世界にて撮影。久方ぶりに再会を果たした4人は、大きな喜びを分かち合った。降り積もった雪を初めて見るのが初めてという加藤は大はしゃぎで、上野ら大人たちは本当の家族のような温かいまなざしで加藤を見守っていた。

関連写真

  • 『監察医 朝顔2』(左から)時任三郎・上野樹里・風間俊介・ 加藤柚凪(C)フジテレビ
  • 『監察医 朝顔』原作書影

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索