ドラマ&映画 カテゴリ

綾野剛&北川景子は「強烈な役者バカ」 サスペンス映画の刑事役で初バディ

 俳優の綾野剛(37)が、中山七里氏のクライム・サスペンス小説『ドクター・デスの遺産』の実写映画で主演を務めることが発表された。敏腕刑事・犬養隼人を演じる綾野とバディを組む冷静沈着な女性刑事には北川景子(33)。2人は2度目の共演で初のバディとなり、綾野は「本当に頼もしく、常にぶれない芯の強さと清らかさがあります」と北川に感謝を伝えている。メガホンをとるのは『神様のカルテ』シリーズなどで知られる深川栄洋監督。公開は11月予定。

 中山氏はデビュー作の『さよならドビュッシー』で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞。本作の物語は、終末期の患者ばかりを襲う連続不審死事件が発生し、犬養(綾野)と高千穂(北川)が捜査に乗り出す。すると、依頼を受けて患者を安楽死させるドクター・デスと呼ばれる医者にたどり着くと、犬養の一人娘・沙耶香が安楽死の依頼をしてしまう。ドクター・デスの目的と正体を追う、2人の刑事の挑戦が描かれる。

 綾野は「撮影中もこの作品の強度に耐えうる表現ができているのか? と自問自答の日々でした」と悩みを話すも、北川が「大きな支えとなり現場を包み込んでくれた」と感謝。「深川監督、各部署スタッフ、キャストと共に、新境地に立つことができました」と自身の成長も感じている。

 北川は綾野との共演について「常に役と向き合っておられる熱い方です。犬養がひとつのことに集中した時に醸し出す殺気や、こうと決めたら一直線に突き進んでいく勢いは綾野さんなのか犬養さんなのか、分からないほどでした」と振り返る。「現場でも気がつけば綾野さんをずっと観察していました。綾野さんは思いつきでいろんなことをお芝居に取り入れたり、好奇心旺盛な子どものような一面があると今回初めて気がつきました」と話している。

 深川監督は「2人は全く違う考え方を持った役者ですが、2人とも強烈な役者バカだと思います。アクションで綾野さんに本気の蹴りを見舞う北川さんの熱を感じに劇場に来てください」と2人に絶大な信頼を寄せている。

関連写真

  • 映画『ドクター・デスの遺産』に出演する北川景子&綾野剛 (C)2020「ドクター・デスの遺産−BLACK FILE−」製作委員会
  • 『ドクター・デスの遺産』原作書影(C)中山七里 KADOKAWA/角川文庫

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索