ドラマ&映画 カテゴリ

玉城ティナ、学園ミステリーに主演 『そして、ユリコは一人になった』実写化

 動画配信サービス「U-NEXT」とカンテレがタッグを組み、「このミステリーがすごい!」大賞(宝島社)の関連作品をドラマ化する“『このミス』大賞ドラマシリーズ”。シリーズ第5弾として第18回「このミステリーがすごい!」大賞のU-NEXT・カンテレ賞を受賞した、貴戸湊太氏の『そして、ユリコは一人になった』(宝島社文庫※2月6日発売)を原作として、2020年3月5日より放送&配信予定でドラマ化が決定。主演は、昨年公開の映画『Diner ダイナー』、『惡の華』のヒロイン、『地獄少女』主演など務め、女優として大注目の玉城ティナが決定した。

 生き残れる“ユリコ“はただ一人。その条件は、ほかの“ユリコ“を淘汰すること。ただそれだけ。嶋倉美月(玉城ティナ)の通う百合ヶ原高校では、オカルトめいた伝説が語り継がれている。それは、「ユリコ様伝説」と呼ばれ、学内の生徒の中で深く信じ込まれていた。

 学園のトップに君臨する「ユリコ様」という存在は崇められ、その不思議な力によって逆らうものを不幸にしてきた。「ユリコ様」になれる唯一の条件、それは「ユリコ」という名前であること。そして、学内に「ユリコ」が複数いる場合、たった一人の女王「ユリコ様」を除いてすべての「ユリコ」が淘汰される。

 新学期、新たに始まる「ユリコ様争い」。一人、また一人と失われる命。脱出不可能な争いに巻き込まれた親友・矢坂百合子を救うため、天才女子高生・嶋倉美月は立ち上がり、連続死の真相と伝説の謎に挑んでいく。

■玉城ティナのコメント
 『ユリコ様伝説』をめぐり繰り広げられる学園ミステリー。私も読みながらドキドキさせられっぱなしでした。美月は今までに演じたことのない役柄で、まだ最終話のラストシーンまで脚本が来ていないので、どうなっていくのかと私もいろいろ予想している最中です。美月は、周りから見て心情が読み取れない女の子で、でも気になる存在…と今の心情をそのままを役に投影しながら美月に寄り添って演じたいなと思っています。撮影はこれからですが、監督、キャスト一丸となって楽しみながら精一杯頑張りたいと思います。

■配信&放送情報
尺・話数:1話30分×全8話
スケジュール:2020年3月5日より放送・配信開始予定
カンテレ:毎週木曜 深0:25〜0:55(※関西ローカル)
U-NEXT:毎週金曜 前10:00〜配信スタート

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索