ドラマ&映画 カテゴリ

橋本環奈、ドSの高校生小説家役「ある種新たなる挑戦」 佐藤大樹と映画W主演

 FANTASTICS from EXILE TRIBE佐藤大樹と女優の橋本環奈が、2人の高校生小説家を描く青春ストーリー映画『小説の神様』(2020年5月22日公開)でW主演を務めることが発表された。『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』『午前0時、キスしに来てよ』など、多くの高校生役を務めてきた橋本だが「この役はある種新たなる挑戦でもありました」と新境地の作品となったことを明かした。

 原作は、『medium 霊媒探偵城塚翡翠』で「このミステリーがすごい!2020年版」「2020本格ミステリ・ベスト10」で第1位を獲得した相沢沙呼氏による小説。夢を見失い自身の才能と現実のギャップに悩み、傷つきながらも挑戦していく登場人物の姿がSNSや書店員の間で話題が広まり、1年間で7刷が決まるほど人気を集めている。

 佐藤が演じるのは、ナイーブで売れない高校生小説家・千谷一也。橋本は、クラスの人気者でヒット作を連発するドSの高校生小説家・小余綾詩凪を演じる。クラスでの立ち位置も小説家としても真逆な2人だが、編集者から「協力して物語を作り、世の中の人の心を動かすベストセラーを生み出す」というミッションを与えられる。反発しながらも、彼は彼女が抱える大きな秘密を知ってしまい、苦悩、努力、挑戦の先に待ち受ける2人の絆の行方が描かれる。

 メガホンをとるのは『HiGH&LOW』シリーズなどを手がける久保茂昭監督。久保監督は「自分の器の限界、人生に行き詰まりを感じたとき、自分が世界に発信したいものができた時、その子の背中を押してあげる映画を作りたいと思いました」と映像化に挑戦した理由を明かす。

 佐藤は「一番大好きで最も尊敬している久保監督からオファーを受けたとき、断る理由が見つかりませんでした」と抜てきに喜び。「相手役の橋本環奈さんは本当に素晴らしい女優さんで、彼女以外務まらなかったんだろうなとも感じました。現場は毎日楽しく最高なチームワークで撮影に臨ませていただきました」と自信をのぞかせる。

 橋本は「一見普通の高校生なんですが、実はその心の底に深い葛藤と悩みを抱いている人気作家という役でした」と自身の役柄を語り「過去作で高校生役は数多く演じさせていただきましたが、クラスに職業作家が2人いるというリアリティのありそうでなさそうなこの役は、ある種新たなる挑戦でもありました。そんな詩凪と佐藤大樹さん演じる千谷一也が仲間とどう葛藤を乗り越え、また小説を紡いでいくのか。久保監督演出の素晴らしい映像美と共にぜひご注目いただきたいと思います」と話している。

 一方の相沢氏は「映像化されることなんて、まるで考えていないお話でした。青春小説とは名ばかりの、暗澹とした心理描写が延々と続くというこの作品は、あまり映像化には向いていないのかもしれません」とするも「そこには作中と同じように、多くの困難とドラマが立ちはだかったことでしょう。主演のお2人をはじめ、監督やスタッフの皆さんが、どのようにこの困難に立ち向かい、そしてどのような映像作品へと変換されたのか。楽しみに待ちたいと思います」と完成を待ちわびている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索