• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 清原和博、独占取材で明かした本音 元妻と2人の子どもへの思い「ごめんねしか言えない」

清原和博、独占取材で明かした本音 元妻と2人の子どもへの思い「ごめんねしか言えない」

 2016年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた、元プロ野球選手の清原和博氏(52)が、きょう2日放送のフジテレビ系『Live News it!』(後4:50〜7:00)の特集コーナーに出演。11月30日に「ワールドトライアウト」の監督を務め、きのう1日には大規模な野球教室を主催し、その場で涙を流した際の様子、自宅での姿や薬物依存症治療のための医療施設への訪問など、自身の今について初めてテレビ撮影に応じた。

 テレビカメラが初めて入った自宅には、今年3月に亡くなった母・弘子さんの遺影に手を合わせる清原氏の姿が。母の遺影の横には「見てる」という言葉が飾られており、亡き母に見守られ、母の存在を意識しながら、日々を過ごしているという。以前は薬物による症状もあり、部屋のカーテンを開けることができなかったというが「最近はようやくカーテンが開けられるようになった」という“変化”を明かす。

 来年の執行猶予明けを見据え社会復帰を目指す清原氏は、薬物依存症の治療のため医療施設に通っている。「病院に行くときは落ち込む。ああオレは薬物依存者なんだ、今から病院に行くんだと…」と同行したディレクターに胸中を告白。「これからの季節、僕はすごく苦手なんですよ。ドラフト会議のことを思い出したりとか。世間がざわついてくるじゃないですか、クリスマスがあったりとか。そこで孤独を感じたりする」とこぼす。「薬物の誘惑に負けないと誓えますか?」とディレクターに問われた清原氏が発した言葉とは…。

 そんな清原氏の支えになっているのは、離別を乗り越え再会を果たした2人の息子たちの存在。「こんなに早く再会できると思っていなかったし、自分は“ごめんね”しか言えなかったんですけど…」と感慨深い表情を見せ、子どもたちへの思いとともに、元妻・亜希さんへの感謝の言葉も飛び出した。「ああいう風に(息子たちを)送り出してくれた元妻にも感謝します。普通だったら悪口もいっぱい言ってもおかしくないじゃないですか。そういうことも一切息子たちには言わなかったって聞いた」。

 さらに少年少女向けの野球教室に向けた懸命なトレーニングの様子や、イベント本番で子どもたちに往年の姿を見せようとする清原氏の姿と、その舞台裏を密着取材で詳しくリポート。野球教室イベントと終了後の会見で記者団に涙を見せた清原氏は、会見後の控室に入ったフジテレビのカメラだけの前で、衝撃的な本音を語った。

関連写真

  • 2日のLive News it!』で清原和博への独占取材を放送(C)フジテレビ
  • 2日のLive News it!』で清原和博への独占取材を放送(C)フジテレビ
  • 2日のLive News it!』で清原和博への独占取材を放送(C)フジテレビ

オリコントピックス

 を検索