ドラマ&映画 カテゴリ

佐藤二朗、ドラマ版『浦安鉄筋家族』主演 テレ東で4月スタート

 11月28日発売の「週刊少年チャンピオン」52号(秋田書店)で「実写化」が発表されるや、ツイッターには原作ファンの喜びや驚き、懐疑的な声も含めてさまざまなつぶやきがあふれてトレンド入り。実写化不可能といわれた浜岡賢次氏の人気ギャグ漫画『浦安鉄筋家族』がドラマ化され、4月期のテレビ東京系ドラマ24枠(毎週金曜 深0:12※テレビ大阪のみ翌週月曜 深0:12)で放送が決定。ドラマ版大沢木大鉄(おおさわぎ・だいてつ)役で、俳優の佐藤二朗が主演することも明らかになった。

 ちなみに、ドラマ24枠は、『きのう何食べた?』や「勇者ヨシヒコ」シリーズ、現在放送中の『孤独のグルメ Season8』など、数々のヒット作を生み出している深夜ドラマ枠。1月期は滝藤賢一古館寛治がダブル主演を務める『コタキ兄弟と四苦八苦』が控えている。

 1993年から「週刊少年チャンピオン」で連載が始まった原作は、『元祖 浦安鉄筋家族』『毎度 浦安鉄筋家族』『あっぱれ浦安鉄筋家族』というタイトルチェンジを経て現在まで続く人気ギャグ漫画。千葉県浦安市に住むパワフルで極端な一家、大沢木家はどんな些細な出来事もドンチャン騒ぎになってしまう。ドラマ化の話を聞いて、原作者の浜岡氏自身が「問題が多くて絶対無理だよ〜」と思った“問題作”だ。

 それを、主演の佐藤、『おっさんずラブ』で純愛とコメディーを絶妙なバランスで描いた瑠東東一郎監督、脚本はヨーロッパ企画上田誠氏という布陣でドラマ化。

 担当するのは、このドラマがプロデューサーデビュー作となる藤田絵里花氏(テレビ東京)。「原作は、人間が投げられたり、食べられたり、凍ったり、漂流したり…とにかくハチャメチャです。地上波のコンプライアンスが厳しくなってきた昨今、一番実写化に向いていない作品なのではないかとも思います(笑)。がしかし、その中に垣間見える“浦安”に住む人々の生活感やご近所関係がどこか愛らしい作品でもあります。『テレビ東京にしかできない』いえ、浦安市出身で原作をこよなく愛する『私にしかできない』ドラマ作りにチャレンジしたいと思います」と、意気込んでいる。

 大沢木家の大黒柱・大鉄を演じる佐藤は「25年以上も連載が続く大人気漫画が原作ということで、『俺が主演でエエんかいな』というのが正直な感想です。しかし、僕が演じる大鉄は『とにかく超テキトーでだらしがない』人。これは、もう、役作りは不要。なんなら演じることも不要。なにせ『精神年齢8歳の50歳児』の僕です。たまに、というか常時『ふにゃふにゃ』してる僕です。テレ東さんと手を携え、地上波のギリギリに、ふにゃふにゃしながら挑みたいと思っています」と、コメントを寄せている。

関連写真

  • 大沢木大鉄役で佐藤二朗が主演『浦安鉄筋家族』テレビ東京・金曜深夜の「ドラマ24」枠で4月期に放送決定(C)浜岡賢次(秋田書店)1993
  • 浜岡賢次氏の人気ギャグ漫画『浦安鉄筋家族』書影(C)浜岡賢次(秋田書店)1993

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索