アニメ&ゲーム カテゴリ

『令ジェネ』主題歌に『ゼロワン』タッグのJ×Takanori Nishikawa起用 アルトとイズの絆を描いた楽曲に

 『仮面ライダージオウ』と『仮面ライダーゼロワン』の新作映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』(12月21日公開)の主題歌がJ×Takanori Nishikawaが歌う「Another Daybreak」に決定したことが1日、発表された。

 今回『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』の主題歌を担当するのは、TVシリーズの主題歌も担当するJ×Takanori Nishikawa。楽曲のタイトルは「Another Daybreak」に決定。映画では、タイムジャッカーのフィーニス(生駒里奈)の介入により歴史が変えられてしまったゼロワンの世界。12年前に起きた大きな爆発事故「デイブレイク」以降、ヒューマギアに人間が支配されている世界を描いている。

 改変された世界の中で、主人公・飛電或人(高橋文哉)は父でヒューマギアの其雄(山本耕史)と出会い、ゼロワン誕生の秘密に迫っていく。主題歌「Another Daybreak」は、本作のために描き下ろされた楽曲で、物語の一部になるような楽曲に。壮大なJの楽曲に西川と2人で歌い上げるボーカルが映画のエンディングをさらに盛り上げ、映画の世界を鮮やかに彩っていく。

 Jは「夢や希望や未来を感じてもらえるような、広大な景色が広がっていくイメージで制作しました」とし「エンディングテーマが流れ終わる最後の瞬間まで思う存分に楽しんでもらえればうれしいです」とコメント。また、西川は「今回はアルトとイズの絆、そして作品の軸となる『人間とヒューマギアの共存』をテーマに『何が正しいかではなく、何を信じるか』が大切なんだという強いメッセージを込めました」と詞への熱い思いを語った。

 本楽曲が、1月22日発売のシングル「REAL×EYEZ」のCD(通常盤)に収録されることも決定。劇場で流れる「Another Daybreak 」01 Movie Edition は12月21日の映画公開日から配信も決まった。

 今回の映画は、歴代平成仮面ライダーの力を駆使し、過去・現在・未来と時間移動を繰り返し、先の読めないストーリーで話題を呼んだ『仮面ライダージオウ』と、現在、テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーゼロワン』(毎週日曜 前9:00)、2つの世界が交差。ゼロワン誕生の物語と、ジオウが選ぶ本当の終幕が描かれる。

■J×Takanori Nishikawaコメント
【J】
 『仮面ライダーゼロワン』主題歌「REAL×EYEZ」に続いて、『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』主題歌のオファーもいただき、大変光栄に思っております。この曲を通じて夢や希望や未来を感じてもらえるような、広大な景色が広がっていくようなイメージで制作しました。

 この映画の熱量がさらに上がるような曲になればという思いで創り上げた曲。気に入っていただけたら最高です。西川の歌はもちろん、歌詞も含めて素晴らしい作品になったと思います。映画の内容もすごいことになっているようなので、エンディングテーマが流れ終わる最後の瞬間まで、思う存分に楽しんでもらえればうれしいです。

西川貴教
 テレビシリーズに続き、劇場版主題歌もJとのタッグで担当させていただくことになりました。「REAL×EYEZ」から引き続いて「Another Daybreak」でも歌詞を担当させていただきましたが、今回は、アルトとイズの絆、そして作品の軸となる「人間とヒューマギアとの共存」をテーマに「何が正しいかではなく、何を信じるか」が大切なんだという強いメッセージを込めて書き上げました。

 みなさんもぜひ劇場で、大切な人を想いながら聴いてもらえるとうれしいです。

オリコントピックス

 を検索