まふまふ・そらる…2019年「歌い手」の革命 ネット〜リアルまで浸透させた全方位プロデュースの手腕

今年6月23日、埼玉・メットライフドームで行われた「まふまふ」の主催イベント『ひきこもりたちでもフェスがしたい!〜世界征服I@メットライフドーム〜』は、筆者が今年観た約150本のライブ/イベントのなかでも、もっとも強く印象に残っている。この前日に同じ会場で単独公演を成功させたまふまふのほか、そらる、天月-あまつき-、佐香智久(少年T)、うらたぬき、志麻、となりの坂田。、センラ、あらき、un:c、nqrse、luz、Eve、Souなど、人気の“歌い手”たちが一堂に会したこのイベントには、3万5000人の観客が集結。楽曲のクオリティー、演出のスケール感、出演アーティストのパフォーマンスが一体となったステージは、現在の日本のエンターテインメントにおける彼らの存在感の強さをはっきりと示していた。

2019年は歌い手がメジャーシーンに進出し、一般的な音楽ファンに...

この記事の画像

  • まふまふ
  • そらる
  • すとぷり2ndアルバム『すとろべりーらぶっ!』
  • 浦島坂田船によるアニメ『浦島坂田船の日常』

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索