• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 「太田松之丞」初のゲストに“みちょぱ” 将来の目標を相談「どう考えるべき?」

「太田松之丞」初のゲストに“みちょぱ” 将来の目標を相談「どう考えるべき?」

 お互いのラジオ番組で悪口を言いあってきた、爆笑問題太田光と、講談師・神田松之丞の直接対決が、テレビ朝日の『お願い!ランキング』(月〜木 深0:50※毎月最終週の木曜は休止、関東ローカル)で実現。きょう6日に放送される第14夜では、番組初のゲストとして“みちょぱ”こと池田美優が出演する。

【写真】その他の写真を見る


 「今、最もチケットが取れない講談師」「講談界の風雲児」と呼ばれ、100年に1人の天才と言われている松之丞がラジオで「太田さんは知識あるみたいに見せかけて薄いんだよ!」と毒づけば、太田も番組で「嫌われ松之丞がまたギャーギャー言っていてね、お前は今敵だらけ!」と言い返す。お互い半年に渡りラジオで言い争ってきた因縁の2人が対面し、視聴者からの悩みに答えたら…、一体どんな番組になるのか?

 松之丞は、みちょぱのラジオのファンだというが「水着買っちゃった」などと、さりげなくコメントするところに「興奮する」と語ると、みちょぱが「バカじゃないの!」とすかさずツッコミ。受け答えの速さに、太田も松之丞も褒めたたえるが、実はこのことがみちょぱの悩みであることが判明する。これまでの芸能活動が順風満帆で「将来の目標は?」という質問になんと言っていいか迷っていると明かし、今夜の悩み相談は「将来のヴィジョンってどう考えるべき?」と2人に問いかける。

 みちょぱと同じ21歳の時、太田は「なーーんにもやっていない」大学生で、劇団員仲間の舞台を見に行っては、楽屋に訪れボロクソ言っていたと回顧。一方の松之丞は「そこは太田さんと似ている!」と同意し、落語ばかり見に行っては、舞台の一番前のど真ん中の席を陣取り、落語家をジーっと睨みつけプレッシャーを与え、とある落語家を困らせたというエピソードを紹介する。

 柳家喬太郎にも同じことを仕掛けたという松之丞だが、喬太郎師匠のさすがの対応に一同も驚き。「夢がまったくない」というみちょぱに、太田は女優を勧め、松之丞を恋人に見立てて即興で演技指導を行う。「2人の今後の人生の目標は?」との質問に、映画を作りたい、『オレたちひょうきん族』みたいなバラエティーがやりたいと語る太田に対し、松之丞はそろそろシフトチェンジしたいと告白。来年、真打に昇進するため、いつまでも人の悪口や下ネタを言っていられない、子供にウケる仕事がしたいという目標に、一同が苦笑いを浮かべる。

関連写真

  • 「太田松之丞」の模様(C)テレビ朝日
  • 「太田松之丞」の模様(C)テレビ朝日
  • 「太田松之丞」の模様(C)テレビ朝日
  • 「太田松之丞」の模様(C)テレビ朝日
  • 「太田松之丞」の模様(C)テレビ朝日
  • 「太田松之丞」の模様(C)テレビ朝日

オリコントピックス

 を検索