ドラマ&映画 カテゴリ

“元祖・ミスターラグビー”松尾雄治、演技初挑戦でホームレス役

 “元祖・ミスターラグビー”と称されるほど日本ラグビー界をけん引し、現在はスポーツキャスターなど多方面で活躍の場を広げている松尾雄治が、テレビ東京系金曜8時のドラマ『特命刑事 カクホの女2』(18日スタート、毎週金曜 後8:00※初回2時間スペシャル)の第1話にゲスト出演することが明らかになった。ドラマ初出演どころか、演技も初挑戦で、ホームレス役を務めた。

【写真】その他の写真を見る


 松尾は「ドラマに出たことなんて一度もなかったので最初は好奇心ですよね。けど実際、テレビでしか見たことのない方々と会うわけですからビックリしたしドキドキしましたよ。皆さんの努力や一生懸命さといいますか、そういうのを間近で感じてとてもいい勉強になりましたし、ドラマって皆で力を合わせて作るから団体スポーツとも似ているなーと思いました。今回、ホームレス役で、歯も黒く塗られて本格的なホームレスになりきり、楽しみながらお芝居をさせていただきました。すごく見応えのある刑事ドラマですのでぜひ、ご覧ください!」と、コメント。

 松尾が「すごく見応えのある刑事ドラマ」と語った本作は、名取裕子麻生祐未がタッグを組んだ連続ドラマシリーズ3作目。2014年4月期の『マルホの女〜保険犯罪調査員〜』、18年1月期の『特命刑事カクホの女』に続くもので、いずれも金曜8時のドラマ枠で放送されてきた。本作では既報の通り、名取、麻生、そして高橋克典が引き続き出演し、新レギュラーとして加藤雅也大東駿介長谷川初範正名僕蔵小野塚勇人らの出演が決定している。

 第1話にはほかに、炊き出しボランティア役で宮川一朗太、今回の事件の中心となるひので総合病院の医師・蒼井幸雄役で和田正人、同じくひので総合病院で研修医として働く井上七海役で久住小春も出演。

 さまざまな事件が交錯する中、明るくマイペースな嘱託刑事(名取)と鼻っ柱の強いクールビューティーな窓際副署長(麻生)の凹凸コンビが、自由な立場でどのように真犯人をカクホ(確保)していくのか。自国開催のワールドカップに湧く、現役のラグビー日本代表にも負けないくらい熱い展開を見せる。

関連写真

  • 元ラグビー日本代表の松尾雄治がドラマ初出演。10月18日放送、『特命刑事 カクホの女2』第1話にホームレス役でゲスト出演(C)テレビ東京
  • 『特命刑事 カクホの女2』第1話に炊き出しボランティア役で宮川一朗太が出演(C)テレビ東京
  • 『特命刑事 カクホの女2』第1話にひので総合病院の医師・蒼井幸雄役で和田正人が出演(C)テレビ東京
  • 『特命刑事 カクホの女2』第1話にひので総合病院の研修医・井上七海役で久住小春が出演(C)テレビ東京

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索