ドラマ&映画 カテゴリ

岩田剛典、電車に乗るも気づかれず「視野が狭かった」

 10月7日から放送されるフジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』(初回30分拡大、毎週月曜 後9:00)の制作発表会が28日、東京・フジテレビ本社で開催。“月9”枠初主演を務めるディーン・フジオカ、同枠初出演となる岩田剛典EXILE三代目 J SOUL BROTHERS)、佐々木蔵之介が登場し、撮影時のエピソードなどを語った。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは世界一有名なミステリー小説『シャーロック・ホームズ』シリーズを原作に、現代の東京を舞台に映像化。原作上“シャーロック・ホームズ”にあたる誉獅子雄役のディーン、“ジョン・ワトソン”にあたる若宮潤一役の岩田がバディを組んで数々の難事件を解決していく。そして、“レストレード警部”にあたる江藤礼二役を佐々木が担当する。

 クラインクインして1ヶ月が経ち、ディーンは「最初は怒号が飛ぶ感じになるかと思いきや、和やかな現場で和気あいあいとやっています。でも、シーンによってはカオスですね」と舞台裏を紹介。具体的には「もう、グチャグチャというか、ドロドロというか…。カットがかかったあとに冷静にその場を見ると『俺らは何をやっているんだろう』と思うくらい」と、言葉では説明しづらい雰囲気の現場だと明かした。

 そんな中で思い出深い撮影エピソードについて、岩田は「2〜3週間前に関東に台風がきた時に、横須賀の方で撮影があったのですが高速(道路)が(渋滞で)動かなくて、撮影できなかったシーンもあった」と話し「ディーンさんはドラマで披露するバイオリンの練習をしたりしていた。僕は高速を途中で降りて歩いて、久しぶりに電車に乗って現場に行きました」と打ち明けた。

 岩田ほどの人気者が電車に乗るとなると、乗客の混乱が予想できるが、司会を務めたフジテレビ・山崎夕貴アナウンサーから「周りの人にバレなかったですか?」と聞かれると「大丈夫です!」と意外に気づかれなかったと説明し苦笑いを浮かべていた。

 気づかれなかった理由については「僕も撮影現場に行かなきゃいけないと焦っていたため、視界が自分の目の前しか見えていなかったので…、視野が狭かった」と分析した。

関連写真

  • 『シャーロック』制作発表会に登場した岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.
  • 『シャーロック』制作発表会に登場したディーン・フジオカ (C)ORICON NewS inc.
  • 『シャーロック』制作発表会に登場した佐々木蔵之介 (C)ORICON NewS inc.
  • 『シャーロック』制作発表会に登場した(左から)岩田剛典、ディーン・フジオカ、佐々木蔵之介 (C)ORICON NewS inc.
  • 『シャーロック』制作発表会に登場した(左から)岩田剛典、ディーン・フジオカ、佐々木蔵之介 (C)ORICON NewS inc.
  • 『シャーロック』制作発表会に登場した岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.
  • 『シャーロック』制作発表会に登場したディーン・フジオカ (C)ORICON NewS inc.
  • 『シャーロック』制作発表会に登場した佐々木蔵之介 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索