ドラマ&映画 カテゴリ

玉城ティナ、演じる役を携帯の待受に 独自のアプローチに伊藤健太郎も絶賛

原作漫画の累計発行部数が300万部を突破し、アニメ化、舞台化もされている『惡の華』が、9月27日に映画として公開を迎える。主人公・春日高男を演じた伊藤健太郎は、仲村佐和を演じた玉城ティナを「ネガティブではない変態」と表現。春日はクラスのマドンナ・佐伯奈々子の体操着の匂いを嗅ぐなど、仲村は春日に体操着を着させ、それを脱がすなど過激なシーンが盛り込まれている本作。2人が役に込めた“変態性”や人気漫画の実写化に対する思いなどを語ってくれた。

■伊藤健太...

この記事の画像

  • 映画『惡の華』で共演する(左から)伊藤健太郎、玉城ティナ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『惡の華』で共演する(左から)伊藤健太郎、玉城ティナ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『惡の華』で共演する(左から)伊藤健太郎、玉城ティナ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『惡の華』で共演する(左から)伊藤健太郎、玉城ティナ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索