ドラマ&映画 カテゴリ

工藤阿須加がイメチェン?“ファンキー”な刑事役に挑戦「良い意味で裏切りたい」

 俳優の工藤阿須加が10月16日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱―』(毎週日曜 後10:30)に出演することがわかった。賀来賢人演じる主人公の刑事・遊佐清春の唯一の後輩刑事、名越時生役に起用された。名越は個性派な有能刑事が集う捜査一課のなかでも“スーパーファンキーボーイ”。朝の情報番組『ZIP!』のメインパーソナリティーなど爽やかな好青年イメージを持つ工藤が異色の役柄に挑む。

 物語は、直前数ヶ月の記憶を失った遊佐が森の中で目を覚ました時から始まる。横にはかつて上司だった女性刑事(広末涼子)の亡き骸が。彼女を殺したのは…俺か…それとも罠か…。何もかもが分からなまま、容疑者は警視庁捜査一課と、そして自分自身。やがて事件は未解決の「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく究極のアンストッパブル・ミステリーを描く。

 名越は捜査一課に配属されたその時から『大学デビュー』ならぬ『捜査一課デビュー』を果たし、陽気に、無邪気に、ぶっ飛びまくる、超ファンキーな若手刑事。名越が出てくるシーンは何が飛び出すか、どんなことが起こるか分からない、超歌舞伎者。合い言葉は「パーティーピーポー!」。工藤いわく「感情豊かで本能のまま生きるファンキーな刑事」を体当たりで演じる。

 工藤は「この役のお話を頂いた時、『ぼ、僕にですか?』ととても驚きました。プロデューサーと監督から、今までにない刑事ドラマを作りたい。僕らもチャレンジしている。その中でぜひ工藤君で!と、言っていただきました」と直々のオファーを快諾し、「この役にチャレンジする機会を与えてくださった事への感謝の気持ちと、その気持ちに応えるためより一層頑張りたいと思います」と意気込み。

 続けて「このドラマを見てくださる視聴者のみなさんを良い意味で裏切りたい。僕の今の力でどれだけこの役を生き抜く事ができるか、共演者のみなさんとのお芝居でどんな化学反応を起こしていけるのかが今からとても楽しみです」と期待を寄せている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索