ドラマ&映画 カテゴリ

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーがディズニー史上最恐の“悪女”を演じて大ヒットした映画の続編『マレフィセント2』が、10月18日に公開を迎えるにあたり、同作の主演と製作総指揮を兼ねるアンジーは、マレフィセントと自身の素顔が「重なる」と語る。 本作の主人公は、『眠れる森の美女』のヒロイン、オーロラ姫ではなく、彼女に“永遠の眠り” の呪いをかけたマレフィセント。ヴィランからの視点という大胆な解釈で、誰も知らなかった“本当の物語”として描かれた前作では、これまでの善悪の概念を覆し、オーロラ姫に呪いをかけたマレフィセントの本当の姿と真実の愛を映し出した。その運命的なドラマと今を生きる女性像は、マレフィセントを演じたアンジー自身のライフ・スタイルとも重なり、多くの女性から賛美と共感を呼んだ。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索