ドラマ&映画 カテゴリ

上野樹里×風間俊介、結婚写真を特別公開 『監察医 朝顔』物語は5年後へ…

 女優の上野樹里が主演するフジテレビ系“月9”ドラマ『監察医 朝顔』第5話(12日放送)ラストでは、上野演じる主人公・万木朝顔(上野樹里)と桑原真也(風間俊介)が結婚し5年の月日が経過。4歳になる娘のつぐみ(加藤柚凪)と、朝顔、父の平(時任三郎)、桑原が万木家で暮らす姿が明らかに。今回、その反響を受け、万木家の棚に飾られていた2人の結婚写真が特別公開された。

 同作は、法医学者の朝顔と、父でベテラン刑事の平という異色の父娘が、各話で、かたや解剖、かたや捜査により、さまざまな遺体の謎を解き明かし、見つけ出された遺体の“生きた証”が生きている人たちの心を救っていくさまを描いたヒューマンドラマ。

 法医学と刑事の世界を舞台にしながら、父娘の日常と心の機微を真摯に、そして丁寧に紡ぎ出し、初回の平均視聴率は13.7%からスタートし、きのう放送された第5話の平均視聴率は12.3%、第5話までの平均視聴率は12.7%と安定した推移をみせている。(関東地区、ビデオリサーチ社調べ)。

 この結婚写真のため、上野はウエディングドレスを、風間はタキシードを着用しての撮影に臨んだ。カメラマンが「腕を組んで」「もう少し顔を寄せて」といった指示を出しながらシャッターを切っていくと、本物の新郎新婦のように楽しんで様々なポーズをとり、撮影はスムーズに進行。朝顔と桑原、世界一幸せな姿が切り取られた一枚に仕上がった。

 第6話では、とある一軒家でドアノブにタオルを巻き、首を吊って亡くなっている夫と、ベッドの上で横たわって亡くなっている妻が発見されうという事件が発生。新任の検視官・丸屋大作(杉本哲太)との立場の違いゆえの衝突をしながらも、朝顔は真実を求めていく。さらに事件は予想外の展開に…。第2章が幕を開ける。

オリコントピックス

メニューを閉じる