ドラマ&映画 カテゴリ

『全裸監督』武正晴総監督、Netflixの制作スタイルに感じた日本映画黄金時代

 話題のNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督』が、いよいよ本日8月8日に公開。バブルで盛り上がる1980年代を駆け抜けた村西とおる役を実力派俳優の山田孝之が演じ、映画『百円の恋』の武正晴氏が全体を統括する総監督を務める。役者からスタッフまで、日本を代表するに相応しい顔ぶれが揃った本作が世界190ヶ国に向けて同時配信される。山田孝之や武総監督への取材から、作品の魅力に迫る。

【写真】その他の写真を見る


◆“放送禁止のパイオニア”村西とおる氏を演じる山田孝之、意識したのはオンオフの切り替え

 日本発のNetflixオリジナルシリーズとして世界配信される『全裸監督』は、“放送禁止のパイオニア”村西とおる氏の半生を描くもの。本橋信宏氏によるノンフィクション『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)を原作に、伝説の女優・黒木香など、村西氏と共に黎明期のアダルト業界を駆け抜けた人物や実際の出来事をベースにし、味わい深くエロティシズムとユーモアを交えた青春ヒューマンドラマが全8話で展開される。

 その見どころは多岐にわたる。なかでも、これまでオタク、闇金業者、勇者など、ありとあらゆるキャラクターを演じてきた山田孝之が前科7犯、借金50億、米国司法当局から懲役370年を求刑されたAV監督・村西氏を演じる姿は一見の価値あり。6月25日に都内で開催された『Netflixオリジナル作品祭』に登壇した際、山田は「完コピは考えていなかった」と前置きしつつ、「実際に村西さんにお会いすると、相手と内容によって切り替わる方だとわかった。つまり、スイッチを入れるタイプ。カメラを回す“モンスター”の村西とおる像だけを演じてしまうと、苦悩の状態のときの人間らしさが伝わりにくくなる。だから、スイッチが入る瞬間を意識した」と、こだわりの役作りについて語っていた。

 オフからオンに切り変わる瞬間は、運命の出会いの場面や分岐点でも数々起こる。会社が倒産し、妻に浮気された村西がアダルト業界に入るきっかけを作った相棒トシ(満島真之介)や、村西の才能の理解者であり、アダルトビデオ制作会社「サファイア映像」社長の川田(玉山鉄二)ら、仲間との出会いのシーンは見逃せない。またリリー・フランキー國村隼石橋凌ら、ベテラン勢が演じるキーパーソンによって翻弄されていく姿もじっくり描く。そして、窮地に立たされた村西の前に現れるヒロイン・恵美(森田望智)と見事な化学反応を見せていく。

◆武総監督「クリエイティブな仕事を久しぶりに体験できた」

『全裸監督』をNetflixオリジナルシリーズとして映像化するにあたり、選りすぐりの日米スタッフ陣も集結した。日本映画業界のキャリア30年の武総監督をはじめ、美術監督はハリウッドで活躍する中西梨花氏、衣装は『キル・ビル』の小川久美子氏、音楽は『今日から俺は!!』の岩崎太整といった顔ぶれだ。また脚本は、構想時にNetflixオリジナルシリーズ『ナルコス』の脚本家ジェイソン・ジョージを招き、指導を受けた後に脚本チームが執筆に着手したという。そして、当時の新宿歌舞伎町を再現した屋内セットはどの位置、どの角度からも撮影できる制限のない製作環境が作られた。まさにお金に糸目をつけないNetflixスタイルだが、武総監督は「かつて日本もこれが当たり前だった」と話す。

「今回、脚本からセット作りに至るまで、あらゆる作業に手間と時間をかけることができた。そこにもしっかり予算が組まれている。今の日本の映像業界はお金をかけないことに走り過ぎてしまい、情けないことにNetflixのやり方が特別なことだと感じてしまったほど。日本映画の黄金時代の技術を伝承してきたスタッフが勢揃いし、クリエイティブな仕事を久しぶりに体験できた。世界190ヶ国に向けて作れることで、クリエイターの意識も変えてくれた」(武正晴氏)

 だが、本作は挑戦的なテーマでもある。そこに不安はなかったのだろうか。

「表面的に知っていることも実情は知らないことは多い。大事なのはどのように作るか。ハリウッド発のものだけでなく、ドイツもスペインも各国面白い作品を発信しているなかで、日本も負けてられないと思いますよ」(武正晴氏)

 80年代の日本のアダルト業界を描いた本作が、世界からどのような評価を得るのかも気になるところ。配信後の動向も含めて注視したい。

文/長谷川朋子

関連写真

  • 山田孝之は“放送禁止のパイオニア”村西とおる氏の半生を好演
  • パンツ一丁の山田がカメラを抱えた“衝撃的”なポスタービジュアル
  • 撮影現場の模様 総監督を務める武正晴氏(右)と主演の山田孝之(左)
  • 『全裸監督』の総監督を務めた武正晴氏
  • Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』より(8月8日よりNetflixで世界190ヶ国に配信)
  • Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』より(8月8日よりNetflixで世界190ヶ国に配信) 
  • Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』撮影現場の模様。総監督を務める武正晴氏(左)とヒロイン恵美役を演じる、22歳の気鋭の女優・森田望智(右)
  • Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』撮影現場の模様 総監督を務める武正晴氏(右)と主演の山田孝之(左)
  • Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』撮影現場の模様

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年8月12日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年8月12日号

<COVER STORY>
野村達矢氏(日本音楽制作者連盟理事長)
日本の音楽団体が全体としてスピード感を持って
事態に対して意見を集約し行動できるか

<SPECIAL ISSUE>
海外から見た日本と、Spotify/イープラス連携を考える
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.26

お問い合わせ

オリコントピックス

メニューを閉じる