ドラマ&映画 カテゴリ

アンジャッシュ児嶋、愛犬は「夫婦げんかの仲裁役」

 お笑いコンビ・アンジャッシュ児嶋一哉(47)と渡部建(46)が1日、都内で行われた映画『僕のワンダフル・ジャーニー』(9月13日公開)ワンバサダー就任会見に愛犬と一緒に出席。児嶋の愛犬でマルチーズとトイプードルのミックスのネネが「夫婦げんかをしていると、間に入って止めてくれるんです」と仲裁役を担っていることを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 児嶋は「ネネが嫁さんの前に入って『やめて!』と言っているような感じだったり、けんか中に攻めている方に『やめなよ』と間に入ってくれるんです」と愛犬のエピソードを披露。そんなエピソードに渡部が「けんかが絶えない(夫婦)ですからね」と茶化そうとするも、児嶋は「そんなにしないわ! たまーにするくらい」とすかさずツッコんだ。

 さらに、児嶋は「ネネからもらったという設定で手紙を読むコーナーがあって。自分で適当なことを言って笑わせるはずだったんですけど、泣いちゃったんですよ。自分で作った話なのに。それくらい好きになりましたね」と家族の一員であることをしみじみと語っていた。

 一方の渡部は、チワワのマロンと共に登壇。「僕が具合悪くなると寄り添ってくれたりするんですけど、顔をペロペロなめて寝させてくれないんです。でも僕のコンディションを全部わかってくれて、家族というか、恋人というか、心通じる存在です」と話していた。

 同作は、何度も生まれ変わる犬のベイリーと、運命の再会を果たした飼い主のイーサンが紡いだラブストーリー『僕のワンダフル・ライフ』(2017年)の続編。それから月日は流れ、孫娘のCJと母親のグロリアという新しい家族ができる。しかし、グロリアは夫を事故で亡くしたショックからCJを連れて家から出てしまう。イーサンから「CJを守るために戻ってきてほしい」と頼まれたベイリー。CJの幸せのために奮闘する新たな旅がスタートする。

関連写真

  • イベントに愛犬と登場したアンジャッシュ・児嶋一哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 待てをさせられる児嶋一哉 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)児嶋一哉と愛犬のネネ&ゼウス、渡部建と愛犬のマロン (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『僕のワンダフル・ジャーニー』のワンバサダー就任会見に愛犬と出席したアンジャッシュ・渡部建 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『僕のワンダフル・ジャーニー』のワンバサダー就任会見に愛犬と出席したアンジャッシュ(左から)児嶋一哉、渡部建 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索