ドラマ&映画 カテゴリ

Snow Man深澤辰哉、WOWOWドラマで刑事役初挑戦「ドッキリなのかな」

 ジャニーズJr.の人気グループ・Snow Man深澤辰哉が10月6日放送スタートの、WOWOWの連続ドラマ『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』に出演することがわかった。主演の古川雄輝演じる希代の猟奇殺人犯トレミーの前日譚を描いた同ドラマ。このほか、ヒロインのSUMIRE、池田鉄洋、平埜生成らの参加も決定。深澤は池田演じる神奈川県警捜査一課刑事の井口智一とともに川崎で起きた“首くくり殺人”事件の捜査をする矢島啓介役に起用。今回、刑事役に初挑戦する。

 『殺人分析班:シリーズは麻見和史著の原作をもとに木村文乃主演で『石の繭』(2015)、『水晶の鼓動』(2016)として放送された警視庁の犯罪捜査を描くオリジナルドラマ。シリーズ2作で鮮烈な印象を残した殺人犯トレミーこと八木沼雅人(本作では野木直哉と名乗る)が、いかにして冷徹無比な殺人鬼になったのかが描かれる。

 殺人鬼でありながらどこか見る者を惹きつけ、高い人気を誇ったトレミーは、引き続き古川、彼に想いを寄せるヒロイン浅田吉佳役をSUMIREが演じる。2014年、川崎市で起こった “首くくり殺人”事件の捜査本部が発足し、池田演じる神奈川県警捜査一課刑事の井口智一が現場に配属される。井口は、刑事として確固たる信念を持っている現場主義者で、捜査線上に浮上した野木(古川雄輝)の存在を不審に思う。

 井口の部下・相棒として動くのが、深澤演じる川崎南署の所轄刑事の矢島。矢島は、井口の言動は正しいという信念があり、井口の前では本音が出てしまう。また、平埜は吉佳の母親違いの兄・浅田剛志役に決定。妹に金をせびり、自分の思い通りにならなければ暴力を振るうこともいとわない無慈悲な男を怪演する。剛志と野木はお互いに睨みをきかせており、剛志による吉佳への暴力を、野木が止めようとしたことで、野木の抱える闇があらわになっていく。この他、千葉哲也、阿南健治、二階堂智、鶴見辰吾らが脇を固める。

 Snow Manのメンバーとして初のWOWOWドラマ出演を果たす深澤は「彼らの気持ちも背負って挑ませて頂きました」と気合十分。「最初に出演のお話を頂いた時、刑事役は初めてだったので『ドッキリなのかな』と思っていました(笑)。台本を渡されて、そこで『本当だったのか」とようやく実感できたのです。刑事という普段とはかけ離れた役柄を演じられるということで、とても楽しみにしておりました。緊張はしましたが、とても楽しく、充実した撮影期間にできたと思います。それがこの作品に反映できていたらいいなと思います」と達成感をにじませた。

 「この作品に参加できて、自分だけの力で良い作品は作れないのだな、と改めて実感しました。スタッフ、共演者の皆様に恵まれて、本当に素晴らしい作品になると思うので、皆さんとこの作品を盛り上げていけたらと思います。応援のほど宜しくお願い致します!」と呼びかけている。

 同作は毎週日曜午後10時30分よりWOWOWプライムにて放送。(全5話、第1話無料放送)。TSUTAYAプレミアムで同日より配信開始される。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索