• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • サンドウィッチマン、忖度なしのキレキレ芸 イベントで見せた“芸人魂”

サンドウィッチマン、忖度なしのキレキレ芸 イベントで見せた“芸人魂”

 お笑いコンビのサンドウィッチマンが17日、プロテニス選手の錦織圭とともに東京2020・LIXIL合同記者会見『東京2020復興のモニュメント』プロジェクト発表および『仮設住宅の再生アルミ』納入式に出席した。こういった場で“笑い”を取るには、非常に難しいかじ取りが求められるが、好感度の高さを武器にキレキレの芸で会場の笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 東京五輪に向けて、錦織選手が「ちょっとずつ気持ちが高まってきていますね」とアスリートとしての思いを語ると、伊達みきおが「僕も本番に向けて体を鍛えて…」とあいさつ代わりの軽いボケ。錦織選手へのメダルの期待が高まっているという話題になると、すかさず富澤たけしが「あんまり、選手の方にメダルと言うとプレッシャーがかかってしまうので、錦織さんの金メダル1個ということで…」とフォローしながらも笑いを交えて、場を和ませた。

 伊達は、舞台裏での錦織選手との会話も明かし「(舞台裏で)『お笑いはご覧になるんですか?』と錦織さんに聞いたら『海外(移動)も長いので見ます』とおっしゃっていました」とにっこり。「そこで好きな芸人を聞いたら、まっすぐな目で『ナイツさんです』と言われました(笑)。サンドウィッチマンも見てくれているみたいで、さっき握手もしたので、これで親友になりましたね」と落胆しながらも前向きに語った。

 イベントも順調に進行していき、錦織選手が東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の事務総長・武藤敏郎氏に再生アルミの納入を行う時のことだった。その場で、武藤氏が錦織選手に「先日行われましたウィンブルドン、私も応援させていただきました」と激戦を労う言葉をかけていると、富澤が「すみません(イベントに)関係のない話は、やめてもらっていいですか」とピシャリ。伊達がすかさず「何言っているんだよ。関係のない話、されてください」とツッコミを入れると、会場は大きな笑いに包まれた。

 5月16日に放送されたテレビ朝日系のバラエティー番組『アメトーーク!』で「サンドウィッチマン大好き芸人」が特集された際、伊達のものまねのクオリティーの高さが話題となり、伊達が安倍首相のものまねを披露。アメリカのトランプ大統領と電話会談を行ったという内容のネタに、出演者たちも大笑い。その後も番組内で、伊達は安倍首相のものまねを繰り返し行って、笑いを誘っていた。

 昨年6月、2人が出演するバラエティー番組の取材に行った際、コンビ仲の良さを実感する瞬間があった。富澤が「いるのが当たり前になっているので、逆にいないとちょっと不安になっちゃったりして(笑)。ツッコんでもらえないので…」と話すと、伊達もこう続けた。「富澤がひとりだと、ただただ感じ悪い人になる(笑)。僕らはニコイチだと思います。25年以上も一緒にいるので、空気のような存在ですね」。好感度、コンビ仲の良さを力に、忖度なしで笑いに貪欲に突き進む…令和になっても、サンドウィッチマンの勢いは止まらない。

関連写真

  • 好感度の高さを武器にキレキレの芸で会場の笑いを誘ったサンドウィッチマン(左から)伊達みきお、富澤たけし (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)錦織圭、伊達みきお、富澤たけし (C)ORICON NewS inc.
  • 東京2020・LIXIL合同記者会見『東京2020復興のモニュメント』プロジェクト発表および『仮設住宅の再生アルミ』納入式に出席した錦織圭 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索