• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 香取慎吾、七夕の願い事明かす「白石組にもう一度」

香取慎吾、七夕の願い事明かす「白石組にもう一度」

 俳優の香取慎吾音尾琢真白石和彌監督が6日、都内で行われた映画『凪待ち』の舞台あいさつに出席した。

 本作は、新しい香取を描くべく『孤狼の血』や『彼女がその名を知らない鳥たち』などを手がけた白石監督と香取がタッグを組み、『クライマーズ・ハイ』『ふしぎな岬の物語』などの脚本家・加藤正人氏が「喪失と再生」をテーマに重厚な人間ドラマに昇華させた。香取が演じるのは、パートナーの女性とその娘と共に彼女の故郷、石巻市で再出発しようとする男・郁夫。平穏に見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう…。

 七夕にちなみ“願い事”を問われた香取は「白石組にもう一度、入れることですかね」と即答。「監督が『香取慎吾が必要だ!』という役があったらでいいので、もう一度参加できたら」とラブコールを送ると、白石監督は「ありがとうございます。うれしいです」と笑顔を浮かべた。

 また音尾は、作品の成功を噛み締めながら「こうして香取さんの横にデニムを着て立っていると、つよぽん(草なぎ剛)になったよう。きっと監督も稲垣(吾郎)さんになったような気持ちになっていると思います」と語り、ファンを喜ばせていた。

関連写真

  • 七夕の願い事を明かした香取慎吾 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『凪待ち』の舞台あいさつに出席した(左から)白石和彌監督、香取慎吾、音尾琢真 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『凪待ち』の舞台あいさつに出席した(左から)白石和彌監督、香取慎吾、音尾琢真 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス