• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 古舘佑太郎、無器用な青年を熱演 武田鉄矢がモデル?「『101回目のプロポーズ』を見返した」

古舘佑太郎、無器用な青年を熱演 武田鉄矢がモデル?「『101回目のプロポーズ』を見返した」

 フリーアナウンサー・古舘伊知郎の息子で俳優の古舘佑太郎、ロックバンド・銀杏BOYZ峯田和伸らが6日、都内で行われた映画『いちごの唄』の公開記念舞台あいさつに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は銀杏BOYZの楽曲をもとに、『ひよっこ』の脚本でも知られる岡田惠和氏と峯田が執筆した青春小説を実写化。1年に1日だけ、七夕の日にだけ会う約束をする2人の恋物語。

 古舘演じるコウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。撮影時を「役を演じているのか、素の自分なのか分からないくらい一生懸命にやっていた」と振り返りながら「去年の夏、悶々としながら監督と『101回目のプロポーズ』の武田鉄矢さんを何度も見返しました。役作りに悩みすぎてリハーサルをやめようと頓挫(とんざ)しかけたこともありましたね」と秘話を明かした。

 舞台あいさつにはそのほか、石橋静河光石研蒔田彩珠宮本信子、菅原伸太郎監督が出席。原作・出演と制作の軸を支えた峯田は、封切りを迎え「出産を終えたような気持ちです」と感無量の表情を浮かべていた。

関連写真

  • 映画『いちごの唄』の公開記念舞台あいさつに出席した古舘佑太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)菅原伸太郎監督、峯田和伸、宮本信子、古舘佑太郎、石橋静河、光石研、蒔田彩珠 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『いちごの唄』の公開記念舞台あいさつに出席した峯田和伸 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『いちごの唄』の公開記念舞台あいさつに出席した石橋静河 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『いちごの唄』の公開記念舞台あいさつに出席した宮本信子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『いちごの唄』の公開記念舞台あいさつに出席した光石研 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『いちごの唄』の公開記念舞台あいさつに出席した蒔田彩珠(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『いちごの唄』の公開記念舞台あいさつに出席した菅原伸太郎監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス