• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 福岡出身・岡田健史&福田愛依、地元題材のドラマ出演で東京に驚き ゴミ出す時間、日照時間…の違い

福岡出身・岡田健史&福田愛依、地元題材のドラマ出演で東京に驚き ゴミ出す時間、日照時間…の違い

 昨年放送の『中学聖日記』(TBS)で連続ドラマ初出演ながら有村架純の相手役を務め話題を呼んだ俳優・岡田健史と、昨年の『女子高生ミスコン』でグランプリを獲得した“日本一かわいい女子高生”の福田愛依。同じ福岡出身の2人が出演するドラマがFBS福岡放送・開局50周年記念スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』(後7:00)が7月19日にFBSにて放送される。東京の男子高生と博多弁女子が織りなす上京ラブコメディーに挑戦するにあたり、互いの印象や出演できた喜びなどを語ってもらった。

【写真】その他の写真を見る


 原作は秋田書店のウェブマンガ雑誌『マンガクロス』で連載され、博多弁のかわいさで重版を重ねる累計15万部突破の4コマ漫画。岡田が演じるのは東京で暮らしている主人公の男子高校生・東京(あずま・みやこ)で、福田が演じる博多から転校してきた幼なじみ・博多乃(はかたの)どん子と再会。博多弁&博多愛で遠慮なしに自分を巻き込むどん子に、最初はペースを乱され戸惑う京だったが、遅咲きの初恋をこじらせていくストーリーだ。

――2人は同じ福岡出身ですが、博多愛あふれる作品に出演することが決まった心境は。

【岡田】 はじめてラブコメディーで、前回のドラマと違う趣旨、雰囲気なので自身でも挑戦的な作品になりました。福岡の人間であり、福岡に対する愛がある自分が、こんなにも早く、故郷・福岡の作品に携わることができるとなり本当にうれしく思います。撮影現場で、博多弁をたくさん聞いて身近に感じ、懐かしく思いましたね。セットでも博多に関する装飾があったので、そういうのを見て昔を思い出しました。博多弁につられる箇所もあって…(笑)

【福田】 こんなにセリフがあるお仕事は初めてで緊張しました。ただ、どん子ちゃんはバリバリに博多弁を使う役で、私も普段から博多弁を使うので、セリフは違和感もなく言いやすかった。素のままのイントネーションが出ていますね。

――初共演となりますがお互いの第一印象は。

【岡田】 どん子は天真爛漫でハキハキした子なので、福田さんと初めてお会いした時は、イメージとぴったりだと思いました。早口なキャラクターなのですが完璧にこなして、僕だったら絶対に噛んでしまう(笑)その姿はすごいと思いました。

【福田】 『中学聖日記』を見ていたのですが、その役のイメージが頭にあったため、お茶面な部分など色んな表情を見ていくうちにイメージが変わりました。撮影が終わった後も「大丈夫だった?」「悩み事ある?」と声をかけてくれて助かりました。

――福岡から上京して仕事をしている2人ですが、上京して気づいた“福岡あるある”などはありますか?

【岡田】 エキストラやスタッフの方から「これ何?」と質問を受けたのは、「“からう”ってどういう意味?」や「“直して置いて”って何?」などなど…。東京の方が疑問に思っていることを説明していましたね。東京に住み始めて感じたのは、日照時間が違うことでしょうか。同じ冬でも東京は日照時間が長くて、福岡は短い。なので福岡に居ると、少し損した気分になる(笑)

【福田】 原作の中でもあるのですが、ゴミを出す時間が違っていたり…。向こうだと夕食を食べている時や寝る前にゴミ収集車の音が鳴るので、ゴミを出しに行くんですよね。上京し一人暮らしを始めて、朝にゴミを出すことに驚きました。あとは空港から都市の中心部へ向かうアクセスが、福岡は近いのですが東京は遠いことですね!

――作品の魅力を教えてください。

【岡田】 福岡の魅力が詰まった作品。この作品で、福岡ならではの言葉の言い回し、方言、食べ物などを見てクスっと笑ったり、学生時代の甘酸っぱさを感じていただけたらと思います!

関連写真

  • ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』に出演する(左から)福田愛依、岡田健史 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』に出演する(左から)福田愛依、岡田健史 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス