ドラマ&映画 カテゴリ

宮野真守、映画『東京喰種』の予告ナレーションを担当 実写とアニメの月山習のコラボが実現

 俳優・窪田正孝が主演する映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』(7月19日公開)の最新予告のナレーションを、声優の宮野真守が務めていることが17日、わかった。本作は、窪田演じる金木研と松田翔太演じる月山習の戦いが描かれており、アニメ版で月山の声を担当した宮野の参加で“ダブル月山習”が実現することとなった。

 原作は、昨年7月に『東京喰種 トーキョーグール:re』の最終巻(16巻)発売により完結を迎えた石田スイ氏の人気コミックス。物語は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が潜む東京を舞台に、ある事故から半喰種となった金木が、もがき苦しむ中、喰種たちの世界にふれ、やがてこの世界のあるべき姿を模索していく。

 カネキ役の窪田のほか、カネキの最大の宿敵である喰種・月山を松田翔太、ヒロインの霧嶋董香(キリシマ トーカ)を山本舞香、西尾錦(ニシオ ニシキ)を白石隼也、永近英良(ナガチカ ヒデヨシ)を小笠原海、笛口雛実(フエグチ ヒナミ)を桜田ひより、亜門鋼太朗(アモン コウタロウ)を鈴木伸之、ウタを坂東巳之助、『あんていく』の店長・芳村を村井國夫、四方蓮示(ヨモ レンジ)を蜿r太郎、どこか妖しい色気が漂う情報通の喰種・イトリを知英、人気モデル・マーガレットをマギーが演じる。

 11日に公開された主題歌予告映像は、カネキやトーカの凛々しい表情や戦闘シーンのほか、月山の驚異の変態っぷりも話題に。さらに映像の最後には映画のタイトルコールが入っており、その声を宮野が担当している。

 宮野は「月山習は僕にとってもかけがえのない存在で、このような形で関われたこと、心より光栄に感じております」と映画にも携われたことに喜び。続けて「松田翔太さんの月山習が素晴らしすぎて、感動いたしました。予告だけでも溢れ出るセクシーさにドキドキしたので、早く本編が観たいです」と松田の再現力を絶賛している。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』より場面カット(C)石田スイ/集英社   (C)2019「東京喰種【S】」製作委員会
  • 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の予告ナレーションを担当した宮野真守(C)石田スイ/集英社   (C)2019「東京喰種【S】」製作委員会
  • 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』よりメインカット(C)石田スイ/集英社   (C)2019「東京喰種【S】」製作委員会

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索