• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • スマホゲーム『タガタメ』、白石麻衣を起用したプロジェクトを開始 5分の1サイズのフィギュアも当たる

スマホゲーム『タガタメ』、白石麻衣を起用したプロジェクトを開始 5分の1サイズのフィギュアも当たる

 スマホゲーム『誰ガ為のアルケミスト』(タガタメ)の映画化を記念して、人気グループ・乃木坂46白石麻衣のフィギュアを含む全25種類の商品が当たるなどを盛り込んだ「PROJECT タガタメイヤー」が始動。さらには白石を起用したCMやキャンペーンの舞台裏映像も到着した。

【写真】その他の写真を見る


 『タガタメ』はバベルの塔を臨むバベル大陸を舞台に、“禁忌の術”として封印された錬金術をめぐり、7大国家に所属する7人の主人公たちの活躍を描く本格タクティクスシミュレーションRPG。全世界でのダウンロード数は900万を突破している。

 劇場版は『マクロス』や『アクエリオン』シリーズなどで知られる河森正治氏が自身初のゲーム原作の映画化に挑戦。さらにオリジナルキャラクターとして、人気声優・水瀬いのりが演じるヒロイン・カスミが登場する。

 CMでは、メガネ姿の白石が図書館で本を空中に投げると、踊りながら様々な表情を見せ、美しさが際立つ映像になっている。インタビューでは「アイドルっていう職業で、お芝居やモデルをやらせていただいたり、幅広く色々なジャンルに挑戦させていただいているので、重なる部分もあるかなと思います」と映画だけでなく、舞台や小説にも展開している『タガタメ』と自身について語っている。

 映画の公開は14日。白石のフィギュアは、約1800枚の写真からなる3Dスキャン画像を解析し、実際の5分の1の大きさになっている。プレゼントキャンペーンは14日から30日の間に行われる。

関連写真

  • スマホゲーム『誰ガ為のアルケミスト』のキャンペーンに起用される白石麻衣
  • 『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』ポスタービジュアル
  • 乃木坂46・白石麻衣アーティスト写真

オリコントピックス