• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 画像診断への高齢層の関心?『ラジエーションハウス』高視聴率2つの理由

画像診断への高齢層の関心?『ラジエーションハウス』高視聴率2つの理由

窪田正孝主演の月9『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(CX系)が、6月10日放送の第10話で、第8話に並ぶ最高視聴率となる13.3%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。今期の医療ドラマ3作のなかでも圧倒的な支持を得ている。その人気の理由を、作家・コメンテーターの佐藤智恵氏は、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』の連載コラム「インサイドドラマ」にて、以下のように分析している。

■好調医療...

この記事の画像

  • 今期のNo.1医療ドラマとなっている『ラジエーションハウス 〜放射線科の診断レポート〜』(C)フジテレビ
  • 話数とともに満足度が上昇中の『ラジエーションハウス 〜放射線科の診断レポート〜』(C)フジテレビ
  • フジテレビ系月9ドラマ『ラジエーションハウス 〜放射線科の診断レポート〜』のドラマバリュー推移

提供元: CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年7月15日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年7月15日号

<COVER STORY>
VERBAL(アーティスト)
海外アーティストとのコラボは、
本人と直でつながっていることが大切

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍 月間マーケットレポート6月度
アルバムヒットが貢献 オーディオ前年同月比138.3%

お問い合わせ

オリコントピックス