• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • キスマイ玉森、19歳の写真に赤面 金髪白メッシュ姿に「よくやれたもんだな…」

キスマイ玉森、19歳の写真に赤面 金髪白メッシュ姿に「よくやれたもんだな…」

 人気グループ・Kis-My-Ft2玉森裕太(29)が10日、都内で映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の大ヒット御礼舞台あいさつに参加。19歳のころの写真に赤面していた。

【写真】その他の写真を見る


 司会の日本テレビ青木源太アナウンサーから愛と感謝を込めたあいさつを求められると、玉森は「愛と感謝でできています。玉森です」とにっこり。観客から黄色い悲鳴が上がった。同作はキスマイメンバーも観たそうで「宮田(俊哉)さんからは感想をたくさんいただきました。『玉が玉じゃなかった』とか『エロかった』とか」と明かすと笑いが起きた。

 熱心なファンも多く、会場には17回も見たというファンも。玉森は「何を観てたんですか?」と苦笑いすると「どういう視点で見てるんだろうな」と素直な疑問をぽつり。そのファンが「顔!」と返答すると、玉森は「顔です」と照れ笑いを浮かべた。

 また、舞台あいさつでは「頭フル回転ミステリー」と呼ばれることにちなんでルーレットでイベントを実施。“玉”を当てると、けん玉が登場。失敗した場合は青木アナのリクエストに何でも応じるという罰ゲームが…。「何それ」と困惑する玉森だったが、見事に1発で成功し、持ってる男ぶりを発揮していた。「できちゃって、よかったのかな?」と不安そうな顔をしたが、少し残念そうな青木アナが「いいんですよ」とフォローしていた。

 さらに“記憶”では、過去の玉森の写真が5枚出てきて、それを若い順に並べるというクイズ。迷わずに見事に正解したが、19歳のころの写真を見ると「金髪に白いメッシュ。よくやれたもんだな…」と赤面。青木アナは「私も正解させていただきました」と自慢げで「いつかまた、金髪に白メッシュをやってもらいたい」とファンの気持ちを代弁していた。

 “嫉妬”では北海道でのキャンペーンのエピソードを披露。玉森は日帰りだったが、スタッフは前泊して、北海道グルメに舌鼓を打ったそう。「僕、当日入りしたら、前の日の美味しかったご飯話をしてくる。僕もジンギスカン好きなのに…」とボヤキ。そして「プロデューサーの方はお店の方に『ご旅行ですか?』と聞かれて、迷わず『旅行です』と言ったらしい。旅行気分で楽しんだみたいです」と暴露していた。

 青木アナに食べたいものを問われると玉森は「チャーハンですね」と笑顔。青木アナは「また『火曜サプライズ』のロケで一緒に回りましょう」と公開オファー。“せりふ”では劇中せりふを再現し「もう、あいつと寝たの」という嫉妬にあふれた表情を見せ、悲鳴に似た歓声が。玉森は「言う方もドキドキしてます。こんなせりふを言うことは、まずないので」と頬を赤らめていた。

 同作は、人気作家・東野圭吾氏による原作小説を実写化。一つの世界では愛する麻由子(吉岡里帆)と自分が恋人同士。もうひとつの世界では麻由子は親友・智彦(染谷将太)の恋人になっているという異なる2つの世界に迷い込んでしまった主人公・崇史を玉森が演じている。

関連写真

  • 19歳の写真に赤面していた玉森裕太 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の大ヒット御礼舞台あいさつに参加した(左から)森義隆監督、玉森裕太 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の大ヒット御礼舞台あいさつの様子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の大ヒット御礼舞台あいさつに参加した青木源太アナ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス