• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 小関裕太ら主演で『このミス』ドラマシリーズ化 佐藤二朗はクリエイターで参加

小関裕太ら主演で『このミス』ドラマシリーズ化 佐藤二朗はクリエイターで参加

 俳優の小関裕太佐藤二朗が10日、都内で行われたU-NEXT・カンテレドラマ『このミス』(このミステリーがすごい!)大賞ドラマシリーズ ラインナップ発表記者会見に出席した。宝島社が毎年発表する『このミステリーがすごい!』大賞関連5作品を1作品30分×全8話でドラマシリーズ化。主演として小関のほか、佐久間由衣阿部進之介を迎え、佐藤二朗は全5作のどこかに出演、クリエイターとしても参加する。

【写真】その他の写真を見る


 第1弾は佐久間主演の江戸時代×科学捜査のコラボレーションが生み出すタイムトラベルミステリー『時空探偵おゆう 大江戸科学捜査』(原作:山本巧次)、第2弾は阿部主演の夜の街に生きる男の復讐劇を軸としたダークエンタテインメント『名もなき復讐者 ZEGEN』(原作:登美丘丈)、第3弾は完璧な殺し屋『死神』が仕掛けるジェットコースターユーモアミステリー『死亡フラグが立ちました!』(原作:七尾与史)。

 そして第4弾は今後出演者が決定する『連続殺人鬼カエル男』(原作:中山七里)、第5弾はこの秋発表される第18回『このミステリーがすごい!』大賞 U-NEXT・カンテレ賞を受賞作を映像化。この審査員として佐藤が加わり、クリエイターとして携わることも発表された。

 役者業の傍ら、自身2作目となる監督・脚本映画を進行中の佐藤は「そういうタイミングや今50歳でやったことないことを初めてやるのも面白いなと思ったし、世に出ていない原作を選ぶという行為にも興味があった」と参加経緯を説明。「選んでハイおしまいも寂しいし最後まで見届ける義務というか、選んだ作品がどうドラマ化していくのか興味がある。ただ秋に舞台があってスケジュールが見えない状態。どう関わっていくのかは今後相談していく」とまだ未定とした。

 そのほかにも全5作のどこかに特別出演とあって、「視聴者の方々には一つの楽しみのアイテムとして『佐藤二朗を探せ』じゃないですけど、そんな楽しみにしていただければ」とアピール。しかし、「通りすがるだけとか横顔だけとかそれくらいのほうがいいような気がするって言ったらプロデューサーからは『もうちょっと出て』と言われました。決してせりふを覚えたくないとかでじゃない」と弁解しつつ新たなみどころを提示した。

 そんな佐藤に小関は「僕は暗殺者・死神が佐藤さんだったら楽しみ」と期待すると佐藤は「それは逆にキャストだからそれはない」と断言。一方で阿部が「僕の作品は風俗店が出てくるのでそのお客さんがいいんじゃいかと」とリクエストされ、佐藤は「お前の作品は風俗店なの? じゃあ、それはガッツリでるわ!」と正反対のやる気を見せて笑いを誘った。なお、すでに撮影済みの佐久間は、どこに佐藤が“出没”するのかについて「お楽しみです」と笑顔をみせていた。

 7月4日から、カンテレでは毎週木曜、深夜0時25分から関西ローカルにて、U-NEXTでは地上波放送終了後に配信される予定となっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • (左から)阿部進之介、佐久間由衣、佐藤二朗、小関裕太 (C)ORICON NewS inc
  • U-NEXT・カンテレドラマ『このミス』(このミステリーがすごい!)大賞ドラマシリーズ ラインナップ発表記者会見に出席した阿部進之介 (C)ORICON NewS inc.
  • U-NEXT・カンテレドラマ『このミス』(このミステリーがすごい!)大賞ドラマシリーズ ラインナップ発表記者会見に出席した佐久間由衣 (C)ORICON NewS inc.
  • U-NEXT・カンテレドラマ『このミス』(このミステリーがすごい!)大賞ドラマシリーズ ラインナップ発表記者会見に出席した佐藤二朗 (C)ORICON NewS inc.
  • U-NEXT・カンテレドラマ『このミス』(このミステリーがすごい!)大賞ドラマシリーズ ラインナップ発表記者会見に出席した小関裕太 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)阿部進之介、佐久間由衣、佐藤二朗、小関裕太=U-NEXT・カンテレドラマ『このミス』(このミステリーがすごい!)大賞ドラマシリーズ ラインナップ発表記者会見
  • (左から)阿部進之介、佐久間由衣、佐藤二朗、小関裕太=U-NEXT・カンテレドラマ『このミス』(このミステリーがすごい!)大賞ドラマシリーズ ラインナップ発表記者会見

オリコントピックス