• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 注目俳優・大下ヒロト『ストロベリーナイト・サーガ』ゲスト出演「全力で挑みたい」

注目俳優・大下ヒロト『ストロベリーナイト・サーガ』ゲスト出演「全力で挑みたい」

 女優の二階堂ふみと俳優の亀梨和也KAT-TUN)がW主演するフジテレビ系木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』(毎週木曜 後10:00)の最終章『ブルーマーダー』が、13日・20日の2週に渡って放送され、若手注目俳優・大下ヒロトがゲスト出演することがわかった。最近では“月9”ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』(2019年1月期)や放送中の『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ東京)に出演、さらに映画の公開を2本控えるなど期待の新星が今回、ダークサイドに転じた青年を怪演する。

【写真】その他の写真を見る


 大下は、2017年にオフィス作主催の新人発掘ワークショップオーディションで応募者総数500人以上の中から選ばれたことを機に、本格的に俳優活動をスタート。同年公開の出演映画『あみこ』が、ぴあフィルムフェスティバルで観客賞を受賞したのを皮切りに、ベルリン国際映画祭に正式招待されるなど、たちまち話題になった。

 今回、要潤演じる青い仮面の連続殺人鬼“ブルーマーダー”を姫川玲子(二階堂)が追うストーリーのなか、大下が演じるのは“ブルーマーダー”を崇拝する指名手配中の青年。「初めて台本を読んだ時、早く現場に行って撮影したいと思いました。それほど、最後の最後まで目が離せない脚本です。まだ映像化されていない人気の作品であるブルーマーダーに出演できてとてもうれしいですし、監督やキャストのみなさんと相談しながら、この作品に向き合っていきたいです」と胸を踊らせる。

 大下は二階堂、亀梨ともに初共演。実はこの2人は自分の人生に大きな影響を与えたそうで「二階堂さんの『ヒミズ』、亀梨さんの『野ブタ。をプロデュース』は、僕の人生にとって本当に重要な存在で、数え切れないほど見た作品です。そんな方々とお仕事ができて本当に本当にうれしいです」と歓喜。また「ブルーマーダー役の要潤さんは、せりふが無いシーンでも、目つきや佇まいが、僕の背中を押してくれています。まだまだ撮影が続くので、たくさん勉強させていただきたいと思っています」と吸収する姿勢をみせた。

 「ドラマというものは、放送されたら多くの人に影響を与えるものだと思います。それをしっかり自覚して、演じる事への責任を持ち、全力で挑みたいと思います。このドラマに関わっている全ての人と力を合わせて、一つのいい作品を届け、伝えたいです」と力を込めている。

関連写真

  • 『ストロベリーナイト・サーガ』に出演する大下ヒロト(C)フジテレビ
  • 『ストロベリーナイト・サーガ』に出演する大下ヒロト (C)フジテレビ
  • 『ストロベリーナイト・サーガ』に出演する大下ヒロト(C)フジテレビ

オリコントピックス