• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 桝太一アナ『もみ冬』SPで“AI”役の声出演に「ちょっと複雑な気分」

桝太一アナ『もみ冬』SPで“AI”役の声出演に「ちょっと複雑な気分」

 日本テレビアナウンサーの桝太一が、29日放送される同局SPドラマ『もみ消して冬 2019夏 〜夏でも寒くて死にそうです〜』(後9:00)に声で出演することが、わかった。桝アナが演じるのはメガネ型の人工知能『AIケンジ』という新キャラクターで、桝アナは「『人気ドラマに出させてもらえる!』という喜びと、『AI役ってなんだ?』という疑問が混在していましたが、結果、(声の出演だけで)顔は出ないということがわかり、ちょっと複雑な気分になりましたが、全力で演じました」と戸惑いつつ手応えをにじませている。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは2018年の1月に山田涼介主演で放送された連ドラ『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』がスペシャルドラマとして復活。今回、ロサンゼルスに医者として武者修業に出ていた北沢家の長兄・博文(小澤征悦)が帰ってくる。ロスで「AIを駆使した医療技術」という新たなスキルを身につけ『AI天才外科医』として日本に凱旋した博文は「これから人類の未来はAIが担う! もちろん北沢家の未来も!」と高らかに宣言し、北沢家に最先端の人工知能を持ち込む。

 それがメガネ型人工知能『AIケンジ』。アフレコ収録を終えた枡アナは「AIってこんな気分なのかなと」となかなかない機会を経験。劇中では人間の質問に答えたり作業をアシストする『AIケンジ』だが「アナウンサーとして、なかなか人から質問されるということがあまりないもので、いつものテンションとは違う自分になってしまったなと思います。人に頼られているという感覚があって、軽く上から目線というか、少し生意気になってしまったかもしれません(笑)」とすっかり入り込んでしまったよう。

 また、「ケンジはAIなので、日本語以外の言語も話せるという設定で、英語で会話をするシーンがあるのですが、大変苦労しました。最近は、アナウンサーは英語くらい話せて当然みたいな空気がありますが、私、日本語以外は全く話せません。横でネイティブの方に付いて頂き指導を受けながら、練りに練った発音を収録しましたが、是非、放送を聞いて判断して頂ければ幸いです。これが昭和受験英語の弊害です」と奮闘。

 視聴者に向け「今回、AIという時代を象徴するような存在が、まさに物語のカギを握っていきます。近い将来、本当にこんなことが現実に起こるのではないかという気持ちでごらんいただけたらと思います」とメッセージを送っている。

関連写真

  • スペシャルドラマ『もみ消して冬 2019夏〜夏でも寒くて死にそうです〜』にAI役で出演する桝太一 (C)日本テレビ
  • スペシャルドラマ『もみ消して冬 2019夏〜夏でも寒くて死にそうです〜』ロゴ(C)日本テレビ
  • スペシャルドラマ『もみ消して冬 2019夏〜夏でも寒くて死にそうです〜』桝太一が声を担当するAIケンジ(C)日本テレビ

オリコントピックス