• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 西島秀俊、劇中で言わないせりふ強要され困惑「『照準よし!』って俺…」

西島秀俊、劇中で言わないせりふ強要され困惑「『照準よし!』って俺…」

 俳優の西島秀俊山内圭哉和田正人が7日、都内で行われた映画『空母いぶき』大ヒット御礼舞台あいさつに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、『沈黙の艦隊』、『ジパング』などで知られるかわぐちかいじ氏による人気漫画が原作。物語の舞台は、世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。この後日本は、かつて経験したことのない一日を迎えることになる…。

 大ヒットを受けて行われたイベントで、和田は「SNSとかで『空母いぶき』が大ヒットしているというのは知っていたのですが、どこか実感がなくて…」と告白。理由は「僕も山内さんも撮影が1日で終わったんですね。なので、たった1日の労働時間で、こんな大ヒットをあやかっていいのかと、申し訳ない気持ちがある」と笑いを誘った。

 たった1日の労働時間の2人と、劇中で共演することはできなかった西島。「声で指示をしているだけなので、できあがりを見て『こんな風になっているんだ!』と」と驚いたことを明かし、今回の舞台あいさつで共演できたことを記念して、3人で劇中のせりふ言い合う流れに。

 司会者から「西島艦長が『照準よし!』を…」とせりふの要望が出されると、西島は「『照準よし!』って俺、せりふないんだけどな…」と困惑しながらも承諾。その後、大きな声で西島が「照準よし!」、山内が「いてまえー!」、和田が「撃てー!」とそれぞれ叫んで観客を盛り上げた。

関連写真

  • 映画『空母いぶき』大ヒット御礼舞台あいさつに出席した(左から)和田正人、西島秀俊、山内圭哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『空母いぶき』大ヒット御礼舞台あいさつに出席した西島秀俊 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『空母いぶき』大ヒット御礼舞台あいさつに出席した和田正人 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『空母いぶき』大ヒット御礼舞台あいさつに出席した山内圭哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『空母いぶき』大ヒット御礼舞台あいさつに出席した西島秀俊 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『空母いぶき』大ヒット御礼舞台あいさつに出席した(左から)和田正人、西島秀俊、山内圭哉 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス