ドラマ&映画 カテゴリ

衛藤美彩、映画初出演にして初主演 記憶障がいを持つ難役に挑戦

 3月末で人気アイドルグループ・乃木坂46を卒業した衛藤美彩(26)が、俳優の太賀(26)とW主演で映画初出演にして初主演を務めることが5日、わかった。映画は宮下奈都氏の小説『静かな雨』を実写化したもので、2020年新春に公開される。衛藤は「私で務まるのか不安な気持ちの方が大きかった」と明かしつつも「たくさんの方に支えていただきながら無事撮り終えることが出来ました」と撮影をやり遂げた心境を語っている。

 宮下氏は2004年、3人目の子どもの妊娠中に執筆した同書で小説家デビュー。15年に書いた『羊と鋼の森』は16年の「本屋大賞」を受賞し、昨年には山崎賢人主演で映画化もされた。メガホンを取るのは、『四月の永い夢』(17年)で、世界4大映画祭のひとつであるモスクワ国際映画祭コンペティション部門に選出され、国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評家連盟特別表彰をW受賞した新鋭の中川龍太郎監督(29)。

 衛藤が演じるのは、パチンコ屋の駐車場でたいやき屋を営む真っ直ぐな目をしたかわいい女の子・こよみ。大学で生物考古学研究助手をしている行助(太賀)はそこに通うようになり、ふたりは少しずつ親しくなっていくが、こよみが交通事故にあい、意識不明になってしまう。ある日、奇跡的に意識を取り戻したこよみだが、事故の後遺症で、事故以前の記憶はあるが、目覚めてからの記憶は1日たつと消えてしまうことがわかる。行助は記憶が刻まれないこよみと、変わらずに接していこうとするが…。

 衛藤は「この物語の世界観が本当に素敵で、行助とこよみの生きている時間が優しく温かく、私もこの世界の中で生きてみたい!と素直に感じました」とストーリーに感動の様子。太賀は「記憶が失われていくヒロインの目に映るのは、曖昧でどこか不確かな光景なのかもしれません。その世界に僕が持ち寄れるものは、確かで純粋な優しさだけだと思って演じました」と役への入り方を話した。

 中川監督は「太賀さんが演じる、足を引きずりながらも一歩ずつ前進しようとする青年は僕たちの写し鏡。彼が、衛藤美彩さんの演じる、失われた自然の精霊と出会い、静かな奇跡を起こす姿を劇場の暗闇でみなさまと共有できるのを楽しみにしています」と話している。

関連写真

  • 映画『静かな雨』でW主演を務める(左から)衛藤美彩、太賀 (C)2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋
  • 映画『静かな雨』に出演する衛藤美彩(C)2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋
  • 映画『静かな雨』に出演する太賀(C)2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索