アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 橋本マナミ、愛人キャラ“二番煎じ”質問に顔色変える「聞かれたくない」

橋本マナミ、愛人キャラ“二番煎じ”質問に顔色変える「聞かれたくない」

 タレントの橋本マナミが、21日深夜放送のフジテレビ『人間の証』(深1:35〜2:05)に出演。諸行無常の芸能界を生き抜く7人の女性たちに、映画『愛の渦』、『娼年』を手掛けた監督・三浦大輔氏が与えた架空の設定を演じてもらう“フェイクドキュメンタリー”となる同番組で「ストリッパーへの転身を宣言したら」をテーマに熱演する。

【写真】その他の写真を見る


 ホテルに呼び出された三浦氏らスタッフが、橋本から「ストリッパーになって活動していこうと思っています」と宣言されるところから、物語はスタート。橋本は「新たな自分への挑戦というかステップアップ。可能性への挑戦ですね。事務所も辞めるつもりでいます」と固い決意を見せるが、三浦氏には、その決断の真意が見えないため、橋本の日常に密着しながら質問を重ねていく。

 その過程で、三浦氏は「橋本さんが答えたくないであろう質問をしていいですか?」と切り出し、“国民の愛人”とのキャッチフレーズがある橋本に「実際に愛人だったことはあるんですか?」「橋本さんって、あの方の二番煎じだと思うんですよ。その道に後から乗っかったというか。その自覚はありますか?」などの辛らつな質問。橋本は顔色を変え「その質問は聞かれたくないですけど…。確かに…壇蜜さんですけど、それは」と答えていく。

 臨場感あふれる展開はまるでドキュメンタリーだが、橋本と三浦のやりとりはすべて台本に基づくもの。とはいえ、芝居として表現される喜怒哀楽、さまざまな感情の中に、橋本の“リアル”がかいま見られ、予想外の展開を楽しみながら、想像をかきたてられる異色の番組に仕上がっている。

 橋本は、撮影を終えて「まだ編集したものを見ていないのですが、編集も含めて、いろいろ抜粋いただくと満足度120パーセントの作品になっているんじゃないかなと思います。フェイクがリアルになっていく過程を視聴者の皆様に楽しんでいただけたら幸いです」とアピール。「本当はフェイクなのに“本当かもしれない”と錯覚してもらえる作品になっていると思います。みなさんも“フェイクドキュメンタリー”の世界にどっぶり浸ってほしいです」と呼びかけている。

 翌週28日には、お笑い芸人の紺野ぶるまが登場し、以降は鈴木亜美今泉佑唯といったメンバーがラインナップ。語りを担当する峯田和伸は「人が“裸になるところ”が見たいのです。そこには一切の嘘がないからです。でも相手を裸にさせたければ、まず自分自身が正直に裸になるしかないです。三浦さんはきっと“裸になるドラマ”を超えて“ドラマが裸になる”瞬間を見せてくれそうで、とても楽しみでもあり、こわいです」とのコメントを寄せた。

関連写真

  • 21日深夜放送の『人間の証』の模様(C)フジテレビ
  • 21日深夜放送の『人間の証』の模様(C)フジテレビ
  • 『人間の証』の模様(C)フジテレビ
  • 『人間の証』の模様(C)フジテレビ
  • 三浦大輔氏(C)フジテレビ
  • 峯田和伸(C)フジテレビ

オリコントピックス