アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • パンサー尾形、沿道の声援に“塩対応”反省「心残りで…」 『ツール・ド・東北 2019』でリベンジへ

パンサー尾形、沿道の声援に“塩対応”反省「心残りで…」 『ツール・ド・東北 2019』でリベンジへ

 お笑いコンビ・パンサーが14日、都内で行われたサイクリングイベント『ツール・ド・東北 2019』記者発表会に出席。3回目の参加となり尾形貴弘は「沿道に近所のおばちゃんとかから『頑張ってー! サンキュー!』と応援があって、前半は応えていたのですが、後半はきつくなり無視しちゃった…」と過去の参加で塩対応してしまったことを反省していた。

【写真】その他の写真を見る


 『ツール・ド・東北』は、順位やタイムを競うレースではなく、東日本大震災の記憶を未来に残していくことが目的で、2013年にスタートし今年で7回目の開催。宮城県東松島市出身の尾形は、東日本大震災の際に実家が被災し、17年から地元が同イベントの新コースに加わることを受け参加してきた。

 17年・18年と走行してきて沿道の応援者へ塩対応してしまったことは「自分の心の中でも心残りで…」といい「(地元の人たちとの触れ合いを)しっかりと最後まで『サンキュー! ありがとう!』と言えるように今年はビシッと頑張りたいと思います!」とリベンジすることを宣言した。

 今年から宮城県の魅力をPRする「みやぎ絆大使」として活動しているパンサー。尾形は「僕は松島の親善大使をやらせていただいたのですが、1年でクビになった…。今は宮城親善大使…」と嘆くと、向井慧から「絆大使ね!」と名前を間違えたことへのツッコミ。今年から参加するトータルテンボス藤田憲右からも「そういうところじゃないか?」と大使に起用されなくなった理由を指摘され、イジられていた。

 『ツール・ド・東北』は9月14日・15日に行われ、一般ライダーの走行は15日。来年以降の大会における東北三県への走行エリア拡大に向けて、南相馬市発および宮城県亘理町発の2コースを大会関係者が走行する視察ライドが14日に実施され、トータルテンボスやパンサーのほか、道端カレンらも参加して福島の現状などを伝えていく。

関連写真

  • 『ツール・ド・東北 2019』記者発表会に出席したパンサー(左から) 菅良太郎、向井慧、尾形貴弘 (C)ORICON NewS inc.
  • (後列左から)宮坂学会長、パンサー・菅良太郎、向井慧、尾形貴弘、一力雅氏(前列左から)中西哲生、道端カレン、トータルテンボス・藤田憲右、大村朋宏=『ツール・ド・東北 2019』記者発表会 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ツール・ド・東北 2019』記者発表会に出席した(後列左から)パンサー・菅良太郎、向井慧、尾形貴弘、(前列左から)道端カレン、トータルテンボス・藤田憲右、大村朋宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ツール・ド・東北 2019』記者発表会に出席したトータルテンボス(左から)藤田憲右、大村朋宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ツール・ド・東北 2019』記者発表会に出席した中西哲生 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ツール・ド・東北 2019』記者発表会に出席した藤田憲右 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ツール・ド・東北 2019』記者発表会に出席した大村朋宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ツール・ド・東北 2019』記者発表会に出席した道端カレン (C)ORICON NewS inc.
  • 『ツール・ド・東北 2019』記者発表会に出席した向井慧 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ツール・ド・東北 2019』記者発表会に出席した尾形貴弘 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ツール・ド・東北 2019』記者発表会に出席した菅良太郎 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス