アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 栗田貫一、ものまね芸人の矜持 フジテレビへの感謝も「バラエティーのトップだった」

栗田貫一、ものまね芸人の矜持 フジテレビへの感謝も「バラエティーのトップだった」

 ものまねタレントの栗田貫一が、17日放送のフジテレビ系『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(後7:00〜9:55)に出演。同番組への出演にあたってインタビューに応じて、ものまねへの熱い思いを語った。

【写真】その他の写真を見る


 ものまねを続ける秘けつについて「なんだろうなあ。たとえば『歌が上手いんだからレコード出そうよ』って言っていただいたことも何回もあるのですが、僕が嫌なんですよ。“ものまね”でここまで育って、有名にさせていただいた自分が、レコードを出した日から“ものまね”を捨てなきゃいけないんじゃないか、という気持ちがあって。“ものまね”だけで十分幸せです」ときっぱり。

 ものまねのこだわりについては「いろいろやりましたねぇ。やはり、そのまま『似ている』というだけでは僕の中で面白くなくて。僕の大好きな歌手の方々が、こんな風にショーをやったら面白いだろうなあ、というのがアイデアの原点なのかもしれないですね」と分析。「今回は、うちのカール(北川)がフレディ・マーキュリーをやって、細川さんになった僕の方が、英語ではなくて『イッキュッパ!』っぽいセリフを考えて作りました。最初にアイデアが生まれてから、ものまねの練習に移ります。ただ、QUEENのものまねをやって、フレディ・マーキュリーと細川さんがデュエットしていても面白くないので、歌詞を日本語にしちゃいました」と笑顔で明かした。

 続けて「四天王ブームの頃って、フジテレビにいた木村(忠寛)さんというプロデューサーがね、とにかくなんでもやらせてくれた。芸に妥協のない素晴らしい方でしたけど『ものまねは楽しけりゃいいんだ』って。もちろん、今でも根っこは変わってないと思うんですよ。単純に『この人がこうだったら面白いな』と発想したことをものまねしているわけなので、それをやらせてくれてきた老舗であり、やはりフジテレビはバラエティーのトップだったと思うんです」と回顧。最後にこう呼びかけた。

 「僕はこの番組に育ててもらったし、本当に、視聴率が取れるとか取れないとか、関係ないんですよ、僕たちものまね芸人は。とにかくいいネタを作って、お客さんや視聴者の皆さんに見ていただきたいだけなんで。僕はそれでいいと思うんです。そこだけは、ものまね芸人一同、想いを同じにして、ストレートに面白さを伝えられたらなあ、と思うんですよね」。

関連写真

  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ
  • 17日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(C)フジテレビ

オリコントピックス